GISELe

2018/12/28

[PR]DESIGUAL(デシグアル) 着るとパワーがみなぎる服

GISELe編集部

「ほかとはちがう」DESIGUALの魅力

「It’s not the same」をスローガンに、ユニークな服づくりを行うデシグアル。

目を引く色や個性的な柄の服がどのようにして生まれるのかリサーチ。

Check!01

オフィスはなんとビーチの目の前!

地中海がのぞめる抜群のロケーションに、本社を構えるデシグアル。まるでショッピングモールのように明るく広々としたオフィスには、働く人々を思いやる設備が充実。就業前や休憩時間にヨガクラスを設けたり、退社時に社員がとおるゲートに仕事への満足度を調査するタッチパネルを設置したり。
スペイン語で「人生を楽しもう」という意味の言葉「La vida es Chula!」を大切に、とにかくエンジョイして働くことを推奨している。

オフィス周囲はこんな眺め

広々とした社内

タッチパネルで仕事の満足度を調査

「人生を楽しもう」という言葉を掲げて

Check!02

自由なアイディアがつまった1着

デザインが生まれる過程にも、ブランドのオリジナリティが見られる。創業者であるトーマス・メイヤー氏がシーズン毎に掲げるテーマに対し、デザイナーが各々アイディアを考える。与えられるフレーズは「We are animals(2018年秋冬)」や「Unexpected(2018年春夏)」のようにざっくりとしたもので、デザイナーたちは約一ヶ月かけてそれらをデザインに落とし込む。デシグアル独特の色柄は、旅や動植物からインスピレーションを得て生まれることが多い。異なる素材を組み合わせるパッチワークや、エスニック、アートを感じさせる要素がすべてのアイテムにとり入れられているのも特徴。

旅や動植物がインスピレーションソース

異なる素材を組み合わせ

Check!03

いつの時代もオリジナリティを追求

デザイナーそれぞれの個性とアイディアがつまったデザインは、社内でいちばん見晴らしのよい場所で縫製されている。今シーズンからリバイバルされるミッキー・マウスのペイント入りデニムジャケットも、同じ工房内で製作。ブランドのクリエーションの源ともいえるジャケットは、数本のヴィンテージデニムをパッチワークしたもので、このリメイクがきっかけとなり、1984年にデシグアルはヨーロッパでの人気を獲得。手作業でつくられるため、1点1点風合いがちがうところも特別感があって魅力的。

縫製は眺めのいい場所で

社内にはたくさんのマテリアルが。

社内にはたくさんのマテリアルが。

テキスタイルも大量。

テキスタイルも大量。

リバイバルしたミッキー・マウスのペイント入デニムジャケット

ロゴマニアにはたまらない一着!

ロゴマニアにはたまらない一着!

「楽しい仕掛けがある」本場のストア

服だけでなく、内装やサービスまで「ユニークであること」を重視しているデシグアル。
旅行の際には、地中海のスピリットを味わえるバルセロナのストアにぜひ立ち寄って。

 

Topic01

ショッピング熱がUPする明るく開放的な店内

ショッピングセンター「マレマグナム」内のストアは、地中海をイメージして白を基調とした空間に。試着室は外から見えない透明のガラス張りになっていて、風景を楽しめるところが珍しい。

ショッピングセンター「マレマグナム]。

ショッピングセンター「マレマグナム]。

地中海風のストア。

地中海風のストア。

こちらがフィッティングルーム。

こちらがフィッティングルーム。

世界一の品ぞろえをほこる、カタルーニャ広場に面する旗艦店。パーソナルショッパーが常在していて、コーディネート提案をしてもらえるサービスも。

こちらが旗艦店。

こちらが旗艦店。

パーソナルショッパーも常駐。

パーソナルショッパーも常駐。

Topic02

バルセロナでの購入で豪華なクルーズ体験!?

バルセロナ内のデシグアルストアで100ユーロ(約13,000円・2018年12月14日現在)以上購入すると、マレマグナム店の目前にあるハーバーから、ショートクルージングを体験できるという贅沢なサービスが。デシグアルのプリントやロゴをとり入れたオリジナルの遊覧船に乗って、バルセロナ市内の景色を満喫できる。

オリジナルの遊覧船。

オリジナルの遊覧船。

ハレマグナム店の目の前のハーバーから出発。

ハレマグナム店の目の前のハーバーから出発。

船内にはブランドのプリントやロゴを使ったアイテムが。

船内にはブランドのプリントやロゴを使ったアイテムが。

「繰り返し着たい」理由のある服

デシグアルの「らしさ」がつまったドレスをご紹介。印象的な柄をほどこしていながら、
シーンレスに使えたり2通り以上の着方ができたりと、着まわしに効く4着を厳選。

 ※すべて日本で展開中のアイテムですが、店舗によっては完売の可能性もあります。

かわいげも色香もある

28,900円+税 黒のドレスに、鮮やかな花柄の刺しゅうを加えたデザイン。シースルーに仕上げたスリーブとスカートのすそから素肌が透けて、女っぽさも満点。

デニムが似合う色

19,900円+税 民族衣装のサリーから着想を得たという1枚。オリエンタルな雰囲気が漂うドレスは、いつものブルーデニムを重ねてカジュアルダウンするのもオススメ。

エレガントなディテール

23,900円+税 ブルーやピンク、イエローなどの華やかな配色が目を引く。つまったネックラインやななめにほどこされたフリルのおかげで、上品な印象。

1枚でもはおりとしても

25,900円+税 和テイストをとり入れたシャツドレス。ふんわりとした生地を用い、縦に流れる美シルエットが実現。ボタンを開ければ軽いアウターとしても使える。

次なるテーマは「COLOR ME」

春夏コレクションは「COLOR ME」がテーマ。ブランドが誕生した1984年以来、カラフルな
世界観で多くの人を惹きつけてきたデシグアル。原点回帰の意が込められた新作は必見!

さまざまな色がある中で、軸となるのは赤・ブルー・イエロー・グリーン。この4色から連想される世界各国の象徴的なモチーフを切りとって、デザインへと落とし込み。赤はメキシコの伝統的な音楽や辛い料理から、ブルーは北アフリカの青空や染料から。イエローはインドのアロマやスパイス、グリーンは熱帯地方のジャングルや虫など。旅先で見たり触れたりするあらゆるものが、今回のコレクションのインスピレーションソースになっている。

原点回帰の意がこめられた新作たち。

Store information

デシグアルストア ハラジュク
desigual store harajuku

☎03-5467-2680

target="_blank" rel="noopener">https://www.desigual.com/ja_JP

Photography_Iku Kageyama Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED