GISELe

2019/03/13

ハイウエストボトムで今季らしさと脚長効果をつくるなら「上は短め、下は長く」

GISELe編集部

得するバランスの合言葉 | 形のベースは「短く長く」

ハイウエストボトムに合わせて、さらなる脚長効果と今季らしさを両得できる、「上は短め&下は長く」の組み合わせ。いつもよりコンパクトなトップスにかえると起こる6つのいいことを、スタイリングで実証!


Case 01.
「ニットは春らしく軽快に」
抜け感重視で選びたい春のニット。やや丈の短いものをセレクトすれば、ゆるいボトムと合わせてももたつかず軽やかな見た目に。


PALE TONE | やさしい色でも大人っぽい

甘い雰囲気のラベンダーは、中途半端な丈だと幼く見える危険も。ショート丈にかえるだけでグッとあか抜け、大人の余裕が薫り立つ。

ラベンダーニットプルオーバー 9,500円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOONルミネ新宿) 白デニムパンツ 15,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 白レザートートバッグ 72,000円+税/カーサナタ(ロンハーマン) メッシュサンダル 35,000円+税/ELIN(クルーズ) これにブルーデニムだとカジュアル。白デニムをとり入れたことで、さらに洗練度が加速。


SLEEVELESS | 夏まで持ち越せる

暑い時期にも涼しい印象を与えられるベージュのニット。コンパクトなタンクトップなら、レイヤードの一部として今から活躍の予感。

ニットタンクトップ 21,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ニットプルオーバー 2,999円(税込み)/H&M ブラウンサテンパンツ 16,000円+税/STUDIOUS(ステュディオスウィメンズ新宿店) ハット 35,000円+税/クライド(ジャーナルスタンダードレサージュ青山店) かごバッグ 25,000円+税/ドニー(ロンハーマン) ローファー 29,000円+税/ペッツァーナ(RHCロンハーマン)



Case 02.
「着つくしたアウターの気分を一新」
長年にわたり支持される定番アウターも、短い丈にかえるだけで新鮮に。キレイめボトムと合わせて、女性らしいシルエットを満喫。


TRENCH COAT | ゆれるスカートが生きる

知的なイメージのトレンチも、短め丈だとほどよくカジュアルに。ショートアウターで視線を上に誘導し、ワンピのIラインを強調。

ショートトレンチコート 10,900円+税/MURUA フレアニットワンピース 22,000円+税/NINE ピンクサングラス 35,000円+税/megane and me(ハルミショールーム) スクエアバッグ 21,000円+税/LUISA CEVESE RIEDIZI(GALERIEVIE丸の内店) 白サンダル 18,000円+税/ヴィスカータ(スピック&スパンルミネ新宿店) ブルーや白の小物で、トレンチに合う清潔感を演出。


MILITARY JACKET | カラーボトムが映える

オーバーサイズだとメンズ感の強いミリタリージャケット。ショート丈を着用すると、自然と腰の位置が上がって女らしさが増す。

ミリタリージャケット 37,000円+税/ロンハーマン ベージュロゴTシャツ 5,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) グリーンタックパンツ 21,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー青山店) 巾着バッグ 32,000円+税/VASIC(TOMORROWLAND) サンダル 5,990円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン) 白とアースカラーに限定し、フェミニンなシルエットに気品を上乗せ。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Daisuke Yamada(cake) Model_Barbara Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED