GISELe

2019/04/03

極めたい白いシャツ「正統派」の使い方まとめ16のアイディア

GISELe編集部

極めたい「正統派」の使い方まとめ | 白いシャツでどこまでも

白シャツの着方とアレンジ法を大研究!シンプルさを生かして直感で惹かれた服と合わせたり、普遍性を味方につけて目新しい重ね着を試したり。白シャツありきでうまくいく、16のアイディアを提案します。


 SELECT POINT 
1.「使いやすいゆったりロング」
2.「女性らしい薄手の素材」

白ロングシャツ 8,900円+税/ノーク バイ ザ ライン(N.O.R.C) 体が泳ぐサイズとお尻の隠れる長め丈が今風。軽やかな素材感も手伝って、エフォートレスな装いが楽しめる。




STUDY A | シャツの「いいところ」を利用する

清潔感やほどよいかたさ、知的なイメージなど。ほかの服にはない白シャツの強みが、旬を物語るデザインに安心感をもたらす。まずはわかりやすい流行を含んだアイテムを使って、着まわしをスタート。


[ 01 ]
GOOD:「ハリ感のある生地」
BENEFIT:リラクシーなALL白にメリハリ

手早くシャレた雰囲気がかなうワントーン。もったりしがちな上下白は、シャツにそなわるハリ感を味方にして、メリハリをつけるのが必勝法。

白シャツは着まわし。オフ白センタープレスパンツ 42,000円+税/J&M デイヴィッドソン(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) トートバッグ 13,000円+税/ザ ディレッタント(ジャーナル スタンダード 表参道) Vカットシューズ 33,000円+税/ジル・サンダー ネイビー(RHC ロンハーマン)


[ 02 ]
GOOD:「知的なルックス」
BENEFIT:あまいカラーもクールに整う

春の訪れとともに試したくなる、ペールカラー。どう着てもハンサムを保てる白シャツが一緒なら、やさしいピンクさえカッコいい雰囲気に。

白シャツは着まわし。ピンクリネンパンツ 14,000円+税/ロペ マドモアゼル サングラス 37,000円+税/PONTI×megane and me(ハルミ ショールーム) オレンジかごバッグ 13,000円+税/パロロサ(ロンハーマン) レースアップショートブーツ 74,000円+税/ALEXANDRE BIRMAN(スタニングルアー 青山店)


[ 03 ]
GOOD:「オールシーズン使える」
BENEFIT:夏のニットをリアルタイムに引き寄せる

白シャツをレイヤードするテクで、夏を待たずにノースリーブをとり入れられる。シャツのすそをニットからのぞかせて抑揚をつければ感度も上昇。

白シャツは着まわし。ニットタンクトップ 43,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) プリーツスカート 35,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa パイソン柄バッグ 29,000円+税/MARROW(4K) サンダル 44,000円+税/ジル・サンダー ネイビー(RHC ロンハーマン)


[ 04 ]
GOOD:「大人な雰囲気」
BENEFIT:ミニボトムに"いい女感"が宿る

品のよさを貫けるシャツを頼って、活発なイメージのキュロットをキレイめに変換。くずさずタックINすれば、よりきちんと仕上がる。

白シャツは着まわし。ブラウンキュロットパンツ 47,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) バッグ 34,000円+税/MARROW(4K) 黒パンプス 48,000円+税/ペリーコ(アマン) 白シャツのムードに合わせて、端正なバッグやパンプスをチョイス。髪をまとめて、まじめっぽさを強めたら完璧。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Dee Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa