GISELe

2019/04/11

スタイリングに「都合がいい」|8つの「白アイテム」と着まわしアイディア

GISELe編集部

「スタイルをつくる白」

スタイリングに都合のいい役割をはたし「かわいい」を呼び込む、これからの軸になる白を選抜。新たなスタイルをつくっていく、愛すべき新定番を使ったスタイリングの広げ方をお届けします。


NEW CHOICE MY STYLE A
「ほどよいボリュームそでのブラウス」

カットソーより品がよく、シャツ未満の手軽さ。ブラウスにありがちな装飾を省いたデザインだから、そでのボリュームも悪目立ちとは無縁。シルキーな感触の素材もエレガントな雰囲気。


[ 右から ]
辛口な装いに添える女らしいドレス感
エッジィな黒に相反する甘いディテールの白が好作用。そでのボリュームシルエットで、フォーマルなテーラードジレをなつかしい趣にアレンジ。

白ビショップスリーブブラウス 38,000円+税/エムエムアタッチメント(アーバンリサーチロッソグランフロント大阪店) 黒ロングジレ 49,000円+税、黒パンツ 32,000円+税/ともにAP STUDIO(エーピーストゥディオ グランフロントオオサカ) サングラス 21,000円+税/レイバン(ルックスオティカジャパン) ピアス 6,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ表参道店) レオパード柄バッグ 100,000円+税/ヘイワード(ウィムガゼットルミネ新宿店) ボルドーミュール 73,000円+税/ジル・サンダー(インターナショナルギャラリービームス)

品よくレトロに仕立てるインナーづかい
フォークロア的レトロ感は、ときとしてやぼったく見えがち。クリーンな白の力を借りれば、今に寄り添うなつかしさに調整可能。ブラウスのレディな素材もキレイな仕上がりに貢献。

ブラウスは着まわし。スエードノーカラージャケット 48,000円+税/イエナラブークル(メゾンイエナ) ブルーストライプボリュームスカート16,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店) かごバッグ 25,000円+税/ドニー(RHCロンハーマン) 白サンダル 48,000円+税/ペリーコ(アマン)

フォーマルに見えてリラクシー
白いブラウスと黒のタイトスカートの、典型的なよそ行き着に見せかけて、スカートの素材がリネンというひとひねり。品のよいシルエットどうしで、洗練されたイメージはキープ。

ブラウスは着まわし。黒リネンスカート 36,000円+税/テンバイロンハーマン(ロンハーマン) ピアス 1,990円+税/AGバイアクアガール PVCバッグ 38,000円+税/イーイーハンドクラフテッドプロダクツ(GALERIE VIE丸の内店) ミュール 83,000円+税/タビサシモンズ(ビームスハウス 丸の内)

ピンクのエネルギーを白で分散
クリームがかったやさしいピンクは、白に合わせることでより女性らしくやわらかに。さらにセンタープレスパンツでハンサムに落とし込めば、甘々にならず、レディなブラウスとも好バランス。

ブラウスは着まわし。コーラルピンクセンタープレスパンツ 14,000円+税/ブラクトメント(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング渋谷マークシティ店) 眼鏡 32,000円+税/MOSCOT(モスコットトウキョウ) ピアス 3,700円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ神南店) バッグ 64,000円+税/エレメ(アマン) ネイビーパンプス 19,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ表参道店)



NEW CHOICE MY STYLE B
「コットンレースのフレアスカート」

大人のための白スカートは長めが必須。ただし、丈が長すぎるとやや気恥ずかしいフレア感やレースのものは、足首が見える丈がベスト。しっかりめの透けない生地は甘さをセーブし、さまざまなテイストとMIXしやすいものに。


[ 右から ]
女らしさを引き上げる鉄板配色
ブラウンと白は、コントラストは強くとも女性らしいエレガントさが。配色に季節感を投入するため、清涼感のあるブルーのバッグをアクセントに。スニーカーの白もさわやかさに貢献。

白コットンスカート 52,000円+税/Sea NewYork(ブランドニュース) ブラウンニット 15,000円+税/アルアバイル 別注バッグ 64,000円+税/エレメ×デミルクスビームス(デミルクスビームス新宿) スニーカー 9,990円+税/アディダスオリジナルス(アトモス明治通り店)

美増しをかなえる白+モカベージュ
レースづかいのスカートをジャケットで引き締めた、王道的な大人のガーリースタイル。こなれた色みのモカベージュが織り成すソフトなコントラストは、キレイを引き出すのに最適なトーン。

スカートは着まわし。ダブルジャケット 39,000円+税/グローブソウル(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ渋谷公園通り店) ベージュギャザーブラウス 14,000円+税/イエナ(メゾンイエナ) サングラス 39,000円+税/プロポ(プロポデザイン) バッグ 23,000円+税/IBELIV(フレームワークルミネ新宿店) カーキパンプス 40,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク)

メンズのマインドでくずした甘さ
Tシャツにマウンテンパーカをはおり、甘いものに意図せず合わせたようなボーイズMIXを演じて。サンダルの気楽さも、スカートの品のよさがあれば抜けとして作用し、上級者の貫禄。

スカートは着まわし。ネイビーマウンテンパーカ 36,000円+税/イエナ、フォトTシャツ 10,000円+税/ジェーンスミス(ともにメゾンイエナ) 眼鏡 43,000円+税/MOSCOT(モスコットトウキョウ) マルシェバッグ 15,000円+税/メゾンエヌエイチパリ(エリオポール代官山) 黒サンダル 25,000円+税/エンシェントグリークサンダルズ(アクアガール渋谷)

ミリタリーでわかりやすく甘&辛
相反するテイストをぶつけて、メリハリのあるスタイルづくりを。ミリタリージャケットのハードさはスカートの甘さを打ち消すようでいて、実は強い対比はロマンティックさをきわ立たせる。

スカートは着まわし。カーキミリタリージャケット 26,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) アイボリーニットタンクトップ 15,000円+税/ディケード(ロンハーマン) ブラウンハット 9,800円+税/エクアアンディーノ(アーバンリサーチロッソルミネ新宿店) パイソンサンダル 36,000円+税/バルダン(ドレステリア銀座店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Yasuko Ishizeki(P48-49), Kaori Higuchi(KIND・P50-51), Makiko Iwata(P52-53), Chisato Takagi(P54-55) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Naty, Eva Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki K

RECOMMENDED