GISELe

2019/04/20

飾らない「白T」スタイリング考|白Tをもたせる「アイテム」と着こなしをもたせる「白T」

GISELe編集部

白Tは「もたせるもの」に目を向ける



04 TO RESET
リセット力のある白Tだからできること

トーンダウン、カジュアルダウン、クールダウン…、白Tにそなわる「そぎ落とす力」が生きる4つの選択肢。試してみたい新しさも、マンネリぎみの組み合わせも。刷新力のある白Tが助けてくれる。


CASE 01 | モードなボトムを気張らずはきたい
王道のモノトーンといえど、ここで白シャツを合わせてしまうととっつきにくい印象に。力の抜ける白TはあえてBIGサイズでけだるく着れば、「がんばってる感」も払拭できる。

白Tシャツ 6,500円+税/マージナル マン(スタニングルアー 青山店) 黒シアーレイヤードパンツ 49,000円+税/ENFOLD サングラス 14,000円+税/Reminence EYEWEAR(Eye’s Press) サンダル 16,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) ボトム以外は力を抜いた、脱力系のモノトーンルック。

[ ITEMS ]

〈右〉オフ白ロールアップテーパードパンツ 27,000円+税/ENFOLD 立体感のあるラップパンツ風。TシャツをINしてもさまになる。
〈左〉黒レイヤードスカート 56,000円+税/ELIN(クルーズ) 3段フリルでボリュームがありつつ、落ち感も美しい。


CASE 02 | カラーパンツの試しどき
シンプルな形のキレイ色パンツがリリースラッシュ。パンツの色を簡単な手段で引き立ててくれる白Tにやっぱり頼りたい。ややゆとりのある白Tなら隙づくりも完璧。

白バックタックTシャツ 10,000円+税/FLORENT ピンクセンタープレスパンツ 3,9
90円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン) サングラス 23,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン) とろみ素材のおかげで、キレイな落ち感が生まれるピンクパンツ。センタープレス入りのシャープなルックスなら、ラフな白Tともすんなりハマる。

[ ITEMS ]

〈右〉共布リボンベルトつきイエロータックパンツ 9,800円+税/Lily Brown マスタードよりワントーン明るいイエロー。
〈左〉ラベンダーセンタープレスパンツ 19,000円+税/ウォンハンドレッド(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ渋谷公園通り店)


CASE 03 | コンサバ感を拭い去る
ジャケットとタイトスカートといった生まじめな上下に、趣向を凝らしたバックスリットの白Tで新風を吹き込む。タイトスカートをオシャレにカバーするロング丈が吉。

白バックオープンワンピースTシャツ 5,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ベージュニットタイトスカート 24,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) 肩にかけたリネンジャケット 27,000円+税/BANNER BARRETT(BANNER BARRETT 渋谷ヒカリエ ShinQs店) リング 16,800円+税/セシル・エ・ジャンヌ パンプス 6,900円+税/RANDA スカートと白Tの「Wスリット」で切れ味よく。

[ ITEMS ]

〈右〉リネンテーラードジャケット 40,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE表参道本店) 限りなくベージュに近い渋いイエロー。
〈左〉白リブニットタイトスカート 33,000円+税/ebure ややグレイッシュな白ニット。+白Tのワントーンも今っぽい。


CASE 04 | 清潔感のあるボーイッシュ
リメイクデニムにミリタリーパンツといった重厚感も、プレーンな白Tをはさむことで見た目スッキリ。荒っぽさがそぎ落とされつつも、クールな印象はキープできる。

リメイクデニムジャケット 34,800円+税/ボナム(ボナム 表参道店) 白コンパクトTシャツ 5,500円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) 共布ベルトつきミリタリーパンツ 59,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) 同じTシャツでも黒だとハードなまま。マイルドに見せたいなら白T一択で。

[ ITEMS ]

〈右〉ライトベージュジップパーカ 10,000円+税/フルーツオブザルームフォーシティショップ(シティショップ) あいまい色のパーカに白をしのばせてシャープに転換。
〈左〉ベルトつきベージュフロントラップチノパンツ 18,000円+税/FRAY I.D

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa Cooperation_Harumi Triton Square Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando