GISELe

2019/05/06

GISELeのスタイリストが推す「白アイテム」&「白の上手な着こなし」まとめ

GISELe編集部

GISELeのスタイリストが推す「白アイテム」&着こなし上手な「白スタイル」まとめ

今季の傾向を把握した、プロたち自身が欲しいものをヒントにすれば、リアルに使えて鮮度も上がる確かな1枚が見つかるはず。ストリートの今、スタイルの軸となるものや色から導いた、新しい服の選択基準をあらゆるアプローチから探ります。今回は、各スタイリストがおすすめする白アイテムと、その上手な使い方を紹介します。


- Talk STYLIST -

高木千智さん
メンズアイテムやヴィンテージ品をとり入れたスタイリングに人気が集中。キャッチィな色柄や、プレイフルな小物づかいも必見。

出口奈津子さん
ボーイズライクなカジュアルが定番。GISELeではバッグや靴など小物企画を担当することも多く、常に新鮮な合わせ方を提案。

岩田槙子さん
毎月多くの企画を担当する看板スタイリストのひとり。旬をいち早くキャッチし、シンプルでリアルなコーディネートに落とし込む。

樋口かほりさん
GISELe表紙のスタイリングも毎号担当。大人に似合うカジュアルをモットーに提案する、きちんと感と抜け感のバランスは絶妙。

渡邉恵子さん
ファッション誌だけでなく、テレビやCMと多方面で活躍。大人の気品や女性らしさを感じさせるコーディネートに支持が集まる。

石関靖子さん
さまざまなファッション誌から引っぱりだこの、人気スタイリスト。キレイめとカジュアルなど、相対するテイストのMIXが得意。


プロが思う都合のいい色

これからは「理由のある白」を

白を総特集した今月号にちなんで、各スタイリストが独自の目線で推しの白アイテムを選抜。目新しさや個性があるものなど、知って得するキーワードとともにご紹介。


01.「更新された感のある定番」

[1] 半そでとは気分が変わる
ロングTシャツ 10,000円+税/ブラウス(ジャーナルスタンダード表参道) 「いつもの白Tを長そでに変更するだけで、メンズっぽさが増して雰囲気が変わる」(石関さん)
[2] 古着ならではのシャレた風合い
ポケットTシャツ 3,800円+税/BerBerJin 「身ごろが広く、肩の落ちたシルエットが好き。INして着たときに出る、ゆるいニュアンスが意外に女っぽい」(高木さん)


02.「デニムを女っぽく見せる白」

[1] 大人にすすめたい大ぶりフリル
ブラウス 18,000円+税/ソブ(フィルム) 「デニムに合うと思い、私も購入したアイテム。大ぶりなフリルや首のつまった形が、大人もとり入れやすいと思います」(樋口さん)
[2] フォークロア調のレースが新鮮
スカート 29,000円+税/JEAN_N ERET(フレームワークルミネ新宿店) 「デニムに女っぽさを生むレースのラップスカート。繊細なレースよりハリのある生地が気分」(岩田さん)


03.「夏が待ち遠しくなる」

[1] この1着でALL白が簡単に
オーバーオール 16,800円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム) 「ボタンやポケットなどの飾りに抑揚があるから、のっぺり見えない」(渡邉さん)
[2] 辛口に着られる白ブラウス
ブラウス 23,000円+税/アストラット(アストラット新宿店) 「ドロストのデザインや透ける素材のおかげで、ブラウスなのに甘くなく、モードに着られるところがいい」(出口さん)

CREDIT: Cooperation_AFLO,Gettyimages Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige,Riho Nawa