GISELe

2019/05/09

気張らないモード感をつくる|シンプルスタイルで個性を表現すべきなのは「素材」選び

GISELe編集部

「質感で飾る」てきとうモードのつくり方

服自体がシンプルなぶん、「素材」で個性を表現する。天然素材や透け感など、夏ならではの視点もいい。映える素材をいつものスタイリングにしのばせれば、奇抜ではなく「気張らないモード感」へと昇華する。


[ KNIT ]
プレーンな白に必要な「ニットの重み」


Tシャツなどのカジュアルなトップスを"もたせる"ためには、ボトムに少しの重厚感を求めたい。地厚なサマーニットならデザイン性に頼らずとも、シンプルな手段で重みを足せる。

重みと軽やかさが両立する「ニットロングスカート」という選択
白ニットロングスカート 48,000円+税/JANE SMITH(UTS PR) 白ノースリーブトップス 5,000円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) サングラス 15,000円+税/TOMORROWLAND ローファー 14,900円+税/A de Vivre 素材は重厚に、シルエットは流すように。ライトな色みのスカートでも、十分存在感を保てる。

- item -

〈右から〉ブループリーツスカート 93,000円+税/クリスタセヤ(ビオトープ) 幅広のプリーツで力強く。 黒プリーツスカート 23,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 銀座店) 夏に似合う、かすかに透ける薄手のニット。


[ LINEN ]
ドライな空気を運ぶ「ハンサムなリネン」


切れ味と余裕、どちらのカッコよさも同時にかなえてくれる、素材がリネンのメンズライクなアイテム。ジャケットやパンツなど、アイテム自体は見慣れたものなら簡単。

おかたいジャケットを自然体でまとえるリネンの力
リネンテーラードジャケット 36,000円+税/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ベージュ×黒ストライプ柄ロングシャツ 36,000円+税/メドモワゼル(ブランドニュース) 黒パンツ 11,000円+税/アクアガール(アクアガール丸の内) ストライプ×黒パンツの強さに寄り添いつつ、力が抜けるリネン素材のテーラードジャケット。

- item -

〈右から〉ベージュリネンハイウエストパンツ 29,000円+税/ドローイング ナンバーズ(ドローイング ナンバーズ 南青山店) 共布ベルトつきライトベージュアシンメトリーノースリーブブラウス 29,000円+税/ENFOLD


[ TRANSPARENT ]
重ねることで軽くなる「透過性のある+1」


透ける素材を1枚重ねるだけで、手持ちの服さえ軽く見える。トレンドでもあるシアーな素材は、難易度が高いのも事実。色はベーシックに徹すれば、いつもの服ともなじみやすい。

光を受けると美しく透けるキュプラシルクをレイヤード
キャミソールワンピース 24,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 中に着たグレーキャミソール 18,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 白フレアスカート 32,000円+税/オニール オブ ダブリン(RHC ロンハーマン) サンダル 16,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) レイヤードが楽しいバックオープンのワンピース。

- item -

〈右から〉白オープンカラーロングシャツ 21,000円+税/メ ドマーゼル(ガリャルダガランテ 表参道店) ベージュシースルーシャツ 9,500円+税/ユー バイ スピック&スパン(ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店)


[ SATIN ]
ミニマルなトップスに補う「サテンのツヤ」


そっけないトップスにわかりやすく華やぐツヤめきを添える。非日常なインパクトを与えるサテンは、視線をまどわせるようなAラインシルエットで強さを分散させるのも手。

ゴールドを連想させる見慣れたカラーのサテンからスタート
オレンジサテンスカート 25,000円+税/エディット フォー ルル ネイビーTシャツ 19,000円+税/ザ・リラクス(ザ・リラクス フィッティングハウス) バッグ 20,000円+税/マロウ(シップス 渋谷店) ビーチサンダル 14,500円+税/ティキーズ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店) 視線を流すバイアススカート。濃紺トップスとのコントラストも美しい。

- item -

〈右から〉共布ベルトつきグリーンサテンノースリーブプリーツワンピース 26,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) イエローサテンラップフレアスカート 36,000円+税/ELIN(クルーズ)
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN),Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Baya,Eva Cooperation_JEMIC Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED