GISELe

2019/05/26

実証! デニムは「ヒップを包み込む形」で選べばうまくいく

GISELe編集部

Gパンに必要な「丸みとくびれ」

デニムの選び方はアレコレとありますが注目すべき点は1つ、「ヒップを包み込むような曲線的な形」。デニムでしかさまにならないそんな形は脚を長く見せることにもつながり、結果スタイリングのバランスも格段に上がることを、選ばれし至極の8本で実証!

SELECT RULE

ヒップを包み込む曲線的な形
数あるボトムの中でもデニムでしか成立しない形。ヒップを締めつけずに股上をやや深めにとったウエスト位置も高めのデザインが選択基準。

□ウエストはキュッとしぼられたもの
丸みのあるヒップに対して、ウエストはくびれでピタッと止まるようなものを。このメリハリが美しいレッグラインにもつながる。

□ももからすそにかけて少しずつ細く
すそ幅が細くなったテーパードシルエット。ヒップからももの幅より、すそが極端ではなく、なだらかに少しずつ細くなっていく形を選んで。


01 | HOLIDAY


深めの股上&ゆったりめなヒップラインの絶妙なバランス
ナチュラルな風合いのコットンと、ブリーチも弱めでキレイに仕上がる色み。股上は深めながら全体的にやや細身で、くびれの位置で適度にしぼったウエストも丸みのあるヒップラインをきわ立たせる。

デニムパンツ 25,800円+税/ホリデイ 白フレンチスリーブシャツ 15,000円+税/ルージュ・ヴィフ(ルージュ・ヴィフラクレルミネ新宿店) バッグにかけたジャケット 11,000円+税/ユーバイスピック&スパン(ユーバイスピック&スパンルミネ新宿店) サングラス 15,000円+税/TOMORROWLAND バッグ 12,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) サンダル 5,990円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン)


02 | THE NEWHOUSE


ナチュラルにヒップを包んで上げるもたつきもなく快適なはき心地
ヘルシーなレッグラインが似合うのもデニムの長所。脚をスラリと見せるウエスト&ヒップのメリハリある形、高めのポケット位置。素材のかたさもなく、細身ながらスッと脚が入ってフィットする、心地よさにも優れる1本。

ウオッシュデニムパンツ 36,000円+税/THE NEWHOUSE(アークインク) 白バックロゴ入りシャツ 43,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル銀座三越) バッグ 49,000円+税/ミミ(シップスプライマリーネイビーレーベル) サンダル 9,900円+税/A de Vivre 眼鏡/スタイリスト私物


03 | TODAYFUL


ゆとりあるヒップ&脚まわりとすそに向かってまっすぐ伸びるような形
しっくりくるテーパードにめぐりあえない、そんな人にオススメしたいのが、ヒップまわりとすその細さに差がつきすぎない形。ヒップからすそまで徐々に細く、まっすぐ落ちていくような美しいラインが特徴。

デニムパンツ 17,000円+税、黒アロハシャツ 13,000円+税/ともにTODAYFUL(LIFE’s代官山店) 手に持ったミリタリーシャツ 18,000円+税/シティショップ サングラス 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) 〈右手〉バングル 9,000円+税/NORTH WORKS(UTS PR) 〈左手〉ブレスレット 9,000円+税/ディス(カージュルミネエスト新宿店) バッグ 20,000円+税/マロウ(シップス渋谷店) サンダル9,900円+税/A de Vivre


04 | ROLLA’S


「ストレートより細く・スキニーよりゆるい」理想のシルエットがベース
レッグラインを美しく見せる形を軸に、さらに丸みのあるヒップラインというデニムに求めたい希望をかなえる1本。色落ちも部分的ではなく全体的で、浅い色合いなら、ラフすぎずキレイめな仕上がりに。

デニムパンツ 12,800円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム) 黒フレンチスリーブトップス 5,000円+税/+81 BRANCA(UTS PR) デニムジャケット 5,900円+税/原宿シカゴ神宮前店 ウエストポーチ 43,000円+税(参考価格)/KARA(ブランドニュース) ソックス 2,000円+税/ENFOLD ローファー 11,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON)  Styling_Kaori Higuchi(KIND)  Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto  Model_Anna  Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra)  Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama