GISELe

2021/06/22

【黒白デニムでモノトーン】キレイを作る6つの方法論

GISELe編集部

「疲れずキレイ」なデニム入りのモノトーン

カジュアルでもカッコよく、女らしさを上げてくれるモノトーン。見た目も、着心地も「気張らずキレイ」をつくれる唯一のものといえるデニム。着たいものをゆだねれば、必然的に「ラクとキレイ」が両立するモノトーンとデニムの組み合わせが、めざす理想へと確実に導いてくれる!


PART-1
SILHOUETTE DESIGN
LADYなトップスに
「形の力」を含ませて

美増しを約束するレディライクなデザイントップス。ひとクセ加えたシルエットも、カジュアル前提の黒&白デニムが力みを抜いて、理想のバランスをアシスト。



WAIST TACK BLOUSE

「ウエストコンシャス」

ジャケットのような役割もはたしてくれるノーカラーのボタンつきブラウス。さらに上からベルトでマークしてシルエットの強弱をつけて着るアレンジもおすすめ。



V-NECK GATHER BLOUSE
「ふくらみのある白トップス」


Vネックから全体に寄せたギャザーと、甘さは「そでのボリューム感」でとり入れたい今季、フェミニンな丸みのバルーンスリーブに注目。足首や腕、胸元など肌感を作ることがオール白を上手く仕上げるテクニックの1つ。デニムで甘さもほどよく中和。



VOLUME SLEEVE BLOUSE
「部分的なボリューム感」

きゃしゃな体を想像させる、ふくらみのあるドロップショルダー。長さも通常よりやや短めなので、ボリューミィでも黒&腕の肌見せ効果で、重く見えず締まった印象に。



ASYMMETRY TOP
「ふぞろいなデザイン」


前後差をつけるなどアシンメトリーなすそやスリットデザインはワントーンのメリハリづけにもいい効果。複雑なデザインは、ノースリーブですっきり見せつつリラックスしたサイジングと、黒の冷静さに頼るという選択。

☑肩にポイントのあるシンプルトップス
カジュアルに合う甘さ。Tシャツ感覚」の「Tブラウス」

CREDIT: Composition.Text_GISELe