GISELe

2019/06/15

「着たい黒」から導き出す「するべきメイク」|Part.1 赤系リップが合う「黒」

GISELe編集部

「着たい黒」と「したいメイク」



WEAR - Casual Black
MAKE-UP - Red Lip

黒Tのドライなムードを「赤リップ」で軽やかに裏切る

今の時代、ナイトアウトにドレスアップはやぼ。いつもどおりのデニムに黒いTシャツ、夜を彩るのは唇だけ。チークもシャドウものせず、ディープな赤リップをきっちり塗るだけのほうが魅惑的という事実は、フランス女性から学んだこと。それを少しだけ和らげる同色の短いアイラインを目尻に。

メンズTシャツ 1,000円+税/UniqloU(UNIQLO) デニムパンツ 22,000円+税/InstantFank(UTS PR) チョーカー 43,000円+税/PLUIE(プリュイトウキョウ) レザーポシェット 38,000円+税/MY_ __(1LDK apartments.) シューズ 13,900円+税/A de Vivre


フーミー アイシャドウパレット believe in pink1,800円+税/Clue 目元にほどよい愛らしさを生む、使いやすさ抜群のピンク系パレット。 ザアイシャドウ Crystal Masquerade(限定色) 2,000円+税/ADDICTION BEAUTY クリスタルにきらめく、この夏限定のパールピンク。 ジェル ブラッシュ 02 3,000円+税/ポール & ジョー ボーテ 大人のほおになじみながらジューシーに彩るジェルチーク。 ディオール アディクト リップ マキシマイザー 010 3,700円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール 内側からぷっくりうるおうボリュームリップに。

「ちらちら光るピンクのMIXづかいでメリハリを」

HOW TO
パレットAの上と右下のピンクを指でまぜ、目のキワははずしながら目頭から2/3の範囲にポンポンとのせる。涙袋のうるみを生むのは、さっと色づけたアイシャドウB。チークCをのせる位置は、ほおの高めかつ、やや内側(目尻のラインを越えないように)。アイシャドウもチークも、すべてのピンクを中央に寄せるようにのせると、イノセントな印象がやや高まる。仕上げに唇をふっくら見せると評判のDでピンクに色づければ完成。
CREDIT: Photography_217..NINA(model) , Yoshihito Ishizawa(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Styling_Chisato Takagi  Model_Barbara Fonseca Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra)  Composition&Text_Urara Takahashi

RECOMMENDED