GISELe

2019/06/15

「着たい黒」から導き出す「するべきメイク」|Part.2 ポイントメイクが映える「黒」

GISELe編集部

「着たい黒」と「したいメイク」



WEAR - Relax Black
MAKE-UP - Orange Cheek

「乾いたようなオレンジチーク」でゆるさとモード感を両得

大人の抜け感を表現したいときは、迷うことなくチークにテコ入れ。定番は鼻をまたぐように色づける「日焼けチーク」だけど、ここでは封印。ツヤをおさえたオレンジをほおの外側に直線的にのせ、顔の重心をあえて拡散。気高さとリラックス感が同居するうれしいバランスが手に入る。

オールインワン 36,000円+税/nagonstans スカーフ 6,800円+税/universY(エスティームプレス) ピアス 7,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) サンダル 46,000円+税/SOLOVIERE(TOMORROWLAND)


カムフィー スティックブラッシュ 02 3,500円+税/セルヴォーク クリームとパウダーのいいとこ取りチーク。落ち着いたオレンジブラウン。 ペタル リキッド アイシャドウ 02 2,900円+税/トーン きらめきピンクのリキッドシャドウは肌なじみも申し分なし。 ベルベットマットリップペンシル 24963,300円+税/NARS JAPAN シックなローズブラウンで確実にあか抜ける、ペンシルタイプのリップ。

「直線的に塗れば夏色オレンジでも貫禄」

HOW TO
チークAで、ほお骨の上に直線的なオレンジの線を描く。幅も少し狭めに、キリッとしたラインを描いて。目元にはリキッドアイシャドウB。とに
かく肌なじみがいいので、目を囲むように好みの加減でのせてOK。リップCは、モード感も兼ねそなえたヌーディな発色。顔全体を甘くまとめつつ、チークだけが直線的なオレンジ。オレンジが主張するから、ともするとあいまいにも見えがちなヌーディ顔も、大人の粋なリラックスメイクとして成立する。

CREDIT: Photography_217..NINA(model) , Yoshihito Ishizawa(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Styling_Chisato Takagi  Model_Barbara Fonseca Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra)  Composition&Text_Urara Takahashi

RECOMMENDED