GISELe

2019/06/15

「着たい黒」から導き出す「するべきメイク」|Part.2 ポイントメイクが映える「黒」

GISELe編集部

「着たい黒」と「したいメイク」



WEAR - Vintage Black
MAKE-UP - Green Eye

ヴィンテージな黒を盛り上げる「エキゾチックグリーン」

フリルたっぷりのブラウスはヴィンテージ風のオーラ。ここでは、メイクでもそのヴィンテージ感に便乗する作戦。トレンドの南国グリーンをまつ毛と目尻でリフレイン。派手すぎずにほんのりと、今気分の遊び心を含む、手練なまなざしに。

そでフリルブラウス 49,000円+税/マティン(アクアガール渋谷) ラインパンツ 23,000円+税/ASTRAET(アストラット新宿店) イヤリング 38,000円+税/SOMARTA(エスティームプレス) ローファー 14,900円+税/A de Vivre


アクセント アイライナー 101(限定色) 2,500円+税/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 強い日差しに映える鮮やかなピーコックグリーン。 Bロング ラッシュ マスカラ EX02 2,800円+税/トーン ありそうでない鮮やかグリーンのマスカラはこの夏必携。リップグロス N 5954 3,100円+税/NARS JAPAN クリーミーでスムースな色づき。白みを帯びたラベンダーパープルのリップは90年代ムード。

「アイラインもマスカラも堂々と“ミドリ”」

HOW TO
グリーンのアイライナーAは、引くというよりはアクセント的に「置く」感覚。目尻に短くちょんと色をのせる程度に。マスカラBは上まつ毛は毛先にだけ、下まつ毛にはたっぷりと。これで、今っぽいのにリアリティもあるグリーンの目元が完成。パープルのリップCの前には、コンシーラーで唇の色を消すことをお忘れなく。そしてCは目元にも活用。目頭〜黒目の上あたりまでのスペースに無造作にのせて、メイク全体のエキゾチックなムードを底上げ。
CREDIT: Photography_217..NINA(model) , Yoshihito Ishizawa(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Styling_Chisato Takagi  Model_Barbara Fonseca Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra)  Composition&Text_Urara Takahashi

RECOMMENDED