GISELe

2019/07/07

ビーチでの旅気分を高める「黒」の着まわし10スタイル

GISELe編集部

「黒とともにショートトリップ」

バカンスだからといって、浮かれた色とは限らない。いつもの延長で、万能な黒をベースにしたビーチトリップの着まわしを妄想。さらに“旅の気分を高めてくれること”を基準に選ばれたワードローブで、旅先でのスタイリングをもっとワクワクするものに!


1.主役にも脇役にもなる
マキシワンピース 61,000円+税/リー マシュー(RHC ロンハーマン) 背面にたれ下がるストラップつき。

2.風通しのいい白を
オーバーシャツ(7月展開予定) 25,000円+税/nagonstans 水着にさらっとはおれるサイジング。

3.ファンキーな黒も旅先なら
プリントTシャツ 9,800円+税/Long Beach Antage モノトーンに効かせたい色あせたUSEDバンドT。

4.いつもの白を旅先でも
ノースリーブトップス 6,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) 1枚でもさまになる。

5.黒に似合うドライなベージュ
フリンジストール(別注カラー) 27,500円+税/アソースメレ(カオス新宿) 使いやすい大判タイプ。

6.キレイめにもカジュアルにも
ワイドデニムパンツ 24,000円+税/nagonstans ゆるいフォルムながら、きちんと見える美しい落ち感。



7.ビーチサイドでも黒を貫く
スイムウエア 16,000円+税/レピドス(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店) パイル風素材。

8.水着だって着がえたい
ポーチつきドット柄ギャザースイムウエア 16,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿)

9.もの足りなさを解消する柄
花柄サテンスカーフ 29,000円+税/ヘリテノーム(ガリャルダガランテ 表参道店) ヘアやバッグにON。

10.カジュアルなものこそ黒を
ロゴキャップ 6,800円+税/コンバーストウキョウ(コンバーストウキョウ 代官山) オレンジロゴ。

11.黒に映えるナチュラル素材
リボンつきベージュハット 32,000円+税/エイドリアン ハット(カレンソロジー 新宿) 大きなつば。

12.単調さのアクセントに
リブヘアターバン 18,000円+税/nagonstans たっぷりの生地を使った、ボリューム感がポイント。



13.夏を呼ぶテンションの高さ
ピンククリアバッグ 2,000円+税/レピドス(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店)

14.ちょっとそこまでも品よく
レザーミニ巾着バッグ 20,000円+税/MARROW(4K) 街歩きに最適なサイズ。レザー素材でクールに。

15.黒を理由に透けるイエロー
イエローフレームサングラス 18,000円+税/エーディーエスアール(エディット フォー ルル)

16.1つあれば“格上げ”を約束
ゴールドピアス 13,000円+税/LAURA LOMBARDI(GALERIE VIE 丸の内店) 普遍的なフープ。

17.ビーチにも街にもなじむ
ビーチサンダル 2,000円+税/ハワイアナス(ドウシシャ) キレイめなボトムにも似合う締まる黒を。

18.さっとはける心地よさ
フラットサンダル 16,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 福岡ヴィオロ店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Megan Cooperation_PROPS NOW Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition_Chiharu Ando