GISELe

2019/07/13

「黒好き」のスタイリストが私服に選んだ黒アイテム【後編】

GISELe編集部

「スタイリストがこだわる黒」

デザインや質感がものをいう無彩色=黒だから、そのセレクトはとても重要。そこで、黒にフォーカスした今月号でも多くの企画を担当し、私服でも黒をよく着ているGISELeスタイリストたちに取材を敢行。こだわりの定番から型破りな黒まで、目利きのプロが推すアイテムを一挙に紹介します!


STYLIST TEAM



YASUKO ISHIZEKI
創刊からGISELeを支え続ける敏腕スタイリスト。キレイめ×カジュアルなど、相反するテイストを掛け合わせたスタイリングが得意。


KEIKO WATANABE
大人の気品や女性らしさを随所にちりばめたコーディネートへの支持が高い。リアルにとり入れやすい着こなし提案も人気の秘密。


KAORI HIGUCHI
大人に似合うカジュアルをモットーに、スタイリングを提案する。「力を入れる/抜く」の絶妙なバランス感覚に、毎号多くの反響が。


MAKIKO IWATA
旬をいち早くとり入れたコーディネートに定評アリ。ほぼ毎号黒に関する企画に携わっていることもあり、着映えする服を熟知している。


NATSUKO DEGUCHI
ボーイッシュなカジュアルが定番。GISELeでは靴企画を担当することも多く、アイキャッチィで気分の上がるデザインを集めるのが得意。


CHISATO TAKAGI
メンズ服やヴィンテージアイテムをとり入れたスタイルが人気。GISELeでは派手な色柄をとり入れた企画を担当することもしばしば。


「何度も繰り返したい黒」

着まわしやすい黒、あると便利な黒小物、黒に合わせたい+α。3つのテーマに沿って選ばれたスタイリストそれぞれのお気に入りを大公開。スタイリングのアイディアとともに解説してもらいました。


The Theme A
「使うたびに魅力に気づく」


その使い勝手のよさに、スタイリストが「つい借りてしまう」黒アイテムとは?バックナンバーの着こなしをふり返りながら、リピートする理由を探してみました。

編集部毎回リースする黒アイテムって何かありますか?
樋口さんELINのフリルスカート(01を最近よく使います。フリルって甘いイメージですが、 大げさな3段重ねっていうのが新鮮だしモードな印象。細かくフリフリしているものよりも意外にはきやすいと思います。
渡邉さん:ロングスカートは、ちゃんとして見えるからあると便利だよね。TSURU by Mariko Oikawaのスカート(02)は、光沢とハリ感のあるプリーツが下半身をすっきり見せてくれて重宝する。
岩田さん:使いまわしができるといえば、ノースリワンピも見のがせない。前号で着まわし企画を担当したのですが、ノースリワンピのポテンシャルを再確認。1枚で着るだけでなく、ボトムを重ねたり上からトップスを重ねたり……。アレンジしがいがあって便利です。ATONのワンピ(03)は、ゆるいフォルムで使いやすかったな。
樋口さん:ATONは生地感もよいから、シンプルでもさまになるね。
高木さん:私服でも持っていて、撮影でもよく使っているUniqlo UのTシャツ(04。首のつまりといい、しっかりとしたリブの感じといい、生地の厚みといい、本当にすべてが理想的。メンズサイズをゆるく着る感じも今年っぽくてオススメです。
石関さん:誌面映えするENFOLDのデザイントップス(05も、毎回欠かさずリースします。1つで主役になるから、ほかはベーシックな服でキマる。
出口さん:ENFOLDに行けば、アイキャッチになるアイテムが必ず見つかりますよね。私が最近よく借りる06は、ヒールだけ色の違うサンダル。黒一色だとまじめな印象だけど、白が入ることでモード感が出る。ヒールの色が違うだけで、コーディネートの精度が上がりますよ。


「大げさなフリルでラフなトップスが激変」
スカート 56,000円+税/ELIN(クルーズ) 「カジュアルなトップスに、ほどよい女らしさを足せて便利。ロックTなど、上がメンズライクになりすぎたときのハズしとしても活躍」(樋口さん)



「かたいプリーツが重ね着に好都合」
プリーツスカート 35,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 「素材にかたさがあるおかげで、ロング丈のトップスを重ねても形くずれせずに美しいシルエットをキープできます」(渡邉さん)



「振り幅の広いミニマムなワンピ」
ノースリーブワンピース 19,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 「合わせる服の色や質感によって、キレイめにもカジュアルにも自在に仕上がりイメージを変えられる」(岩田さん)



「インナーで遊べるメンズサイズ」
メンズTシャツ 1,000円+税/Uniqlo U(UNIQLO) 「オーバーサイズだから、白Tを仕込んでロールアップする着方もオススメ。Tシャツの重ね技に、男の子っぽさが漂います」(高木さん)



「ユニークな形で手持ちボトムがあか抜ける」
ペプラムプルオーバー 23,000円+税/ENFOLD 「スタイリングのポイントになる服が欲しいとき、ENFOLDは必ずチェック。主役級のデザインなので、ほかはベーシックでOK」(石関さん)



「ヒールが軽やかなアクセントになる」
黒×白ヒールサンダル 25,000円+税/ENFOLD 「ダークトーンの装いの日、サンダルまで黒一色だと重たいけれど、ヒールに白が入っているとなんとなく軽やかに見せられる」(出口さん)

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(Watanabe, Deguchi, Takagi〈still〉), Naoya Shiho(Ishizeki, Higuchi, Iwata〈still〉) Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa