GISELe

2019/07/16

Tシャツでも手抜きに見えない9つのアイディア

GISELe編集部

インスピレーション・ボード

アレンジ次第で印象が大きく左右されるTシャツは、シルエットや+αの小物などで、簡単にスタイリング幅を広げられる。オシャレ賢者たちの、Tシャツをふつう以上に導くテクニックを参考に、着慣れた1枚を特別感のある装いへとレベルアップ!


ラフに傾けない
着方&組み合わせのひと工夫

時として、手抜きに見えがちなTシャツスタイルには締まるポイントが必須。Tシャツのすそを縛ったり、端正なボトムを採用したり、背筋が伸びる着方や合わせをピックアップ。


「そでをたくし上げる」

ゆるいTシャツののっぺり感を防ぐには、そでのロールアップが手軽で簡単。視線が上がり、縦のラインも強調できて一石二鳥。


「パンツだけハンサムに」

センタープレス入りのマニッシュなパンツで、たちまち大人顔へ。ボトムがまじめなぶん、遊び心のあるプリントTも幼くならない。


「短め丈にセルフメイク」

ウエスト部分ですそを縛り、女性らしい曲線を形成。短め丈になったことで、レオパード柄の強気なスカートもまとまりよく。


「足元で凹凸を」

気楽な上下も同系色ならスマートな表情に。フレアデニムを採用すれば手を加えずとも抑揚がつき、くびれたラインで女っぽさも確保。


「飾りでゆるく締める」

無地Tのアクセント役として、力まずしゃれっ気を足せるニットの肩がけアレンジを。ウォーミィな風合いが、クラス感も上乗せ。

CREDIT: Cooperation_AFLO,Gettyimages Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige