GISELe

2019/07/18

Tシャツの日こそ「いつもと違う」メイクを

GISELe編集部

「Tシャツ+メイク」のいい関係



WHITE

見慣れた白を「らしくなく」
何色にでも染まるからこそ、印象操作のしがいがある白Tを着た日のメイク。品が保てる白の清潔感に甘えて見慣れない色を投入する。もしくは型にハマりがちなブラウンアイを質感で鮮やかに裏切る。スタンダードの殻を破る絶好のチャンスととらえて。

02 : T-SHIRT [BACKSCHON] >> INNOCENT PINK

WEAR >> そぎ落とした「1枚系」
MAKE-UP >> あざとさほどほどなピンク
シンプルなのにセンシュアルな「1枚系白」のときこそ恥ずかしがらずに女っぽさを欲張る好機。ALLパーツ、強気な青みピンクをまとめてワントーンとカウントする柔軟な発想で「効かせつつなじむ」ハイブリッドな仕上がりに。

白Tシャツ 10,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) 茶ハーフパンツ 16,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) フープピアス 8,500円+税、ベージュサンダル 18,000円+税/ともにTODAYFUL(LIFE’s 代官山店)

強気な白の余白を埋めるように
あどけないピンクをリフレイン

USE!

D
_チーキーシークブラッシュ 19 3,000円+税/THREE(8月7日発売) ブルーのニュアンスのピンク。E_エスプリーク セレクト アイカラー N PU103(限定色) 800円+税(編集部調べ)/コーセー ダイヤモンドパウダーがきらめく。F_ヴィセ アヴァン リップ&アイカラー ペンシル 005 1,200円+税(編集部調べ)/コーセー(8月21日発売) 小さくても「効く」ヴィヴィッドなピンク。G_ショット オブ カラー リップ オイル オフィス フリング 3,700円+税/M・A・C リッチなオイルが唇に立体感を生む。

HOW TO

ほおの高い位置、黒目の下あたりから眉尻にかけて角度をつけた小さめのしずく形にチークDをのせる。アイシャドウEはアイホールに薄くふわりと。これは目尻の下から小さくハネ上げた濃ピンクのアイライナーFとのコントラストを強く出すため。目、ほおと同じくリップも青みピンクのグロスG。思いきったカラーも全パーツでリンクさせることで整合性が生まれる。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model), Koichi Sakata(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACEMONKEY)Styling_Keiko Watanabe(KIND) Model_Zoe Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya

RECOMMENDED