GISELe

2019/07/18

Tシャツの日こそ「いつもと違う」メイクを

GISELe編集部

「Tシャツ+メイク」のいい関係



LOGO

04 : T-SHIRT [PRINTED]
WEAR >> 端正なロゴT
MAKE-UP >> 「リップとヘア」で何度でも
シルエットそのものが「大胆に変わる」ヘアと、「なりたい自分」を引き寄せるリップ。役割が異なる2つを同時に変換することで、印象のアップデートはいともたやすくかなうもの。「いつもと違う顔まわり」をすんなり受け入れる対応力こそ、着慣れたTシャツの強み。

ロゴプリントTシャツ 10,000円+税/A.P.C.(アー・ぺー・セー カスタマーサービス) 手に持ったビッグデニムジャケット 45,000円+税、デニムパンツ 25,000円+税/ともにbeautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) ベルト 8,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) 白ソックス 2,600円+税/フィルメランジェ 黒パンプス 32,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)


>> FUZZY LIP & WET HAIR
整合性のないタイト髪と「まだら」なリップ

小ざっぱりしたタイトヘアと
輪郭を決めないあいまいなリップで抑揚づけ

USE!

K
_シャインオン 113g 4,200円+税/ジョンマスターオーガニック 湿気でまとまりにくい髪にも最適。L_ラプソリュ マドモワゼルシャイン 382 3,800円+税/ランコム(7月19日発売) 透け感のあるラズベリー色。

HOW TO

ジェルKをもみ込んで落ち着かせたグロッシーな外ハネヘアがモードに寄りすぎないようリップはシアーな発色のラズベリーレッドをセレクト。攻めのヘアがしっくりハマるのは安心感のある「透ける赤」が相棒だからこそ。ルージュLは輪郭をとらずに直塗り。中央が濃く、アウトラインは「ぼけてる」ぐらいの適当さがハッとさせるアクセントになる。


>> DULL PINK & HALF UP
攻めどころではずさないくすんだピンク

気負いのないハーフアップに
必要な計算ずくの緊張感

USE!

M
_ヘアケア&スタイリング クリーム 40g 3,000円+税/THREE 重くないテクスチャーで髪の表情を操る。N_ヴィセ アヴァン リップスティック 029 1,600円+税(編集部調べ)/コーセー(8月21日発売) ダスティモーブ。

HOW TO

軽いテクスチャーのクリームMを髪全体になじませて表面に動きをつけたら、耳前の髪を手グシでざっくりとまとめて後頭部の高い位置でシニヨンにする。いい意味で「適当」なカジュアルヘアにリズムを与えるのはジャストラインで塗った「ほどよくまじめ」なリップ。くすみのある重ためのピンクルージュNなら、ちょうどいいきちんと顔へ着地できる。


>> BORDEAUX & SEMI DRY HAIR
いやみのない女っぽさを「強気な紫」でまとめる

乾いた髪とアバウトな唇
「ひとクセ」どうしでこなれたリンク

USE!

O
_S&Lシーミストスプレー N 125mL 2,400円+税/ジョンマスターオーガニック 海上がりのラフなニュアンスを再現。P_リップスティック CS 118、同 ケース CS 052 3,000円+税(セット価格)/ポール & ジョー ボーテ(8月1日限定発売) ワイン色。

HOW TO

ヘアは潮風に吹かれたあとのような自然さを意識。ミストOで湿らせた髪をくしゅくしゅと手のひらで握るようにスタイリングし、そのまま自然乾燥させる。一見とっつきにくそうなボルドールージュPは塗り方でひと工夫。唇の上下中央にポンポンと置きづけしてあえてムラっぽく。おとなしくおさまらないのにケンカしない「クセもの」どうしの掛け合わせ。


>> BRONZE & LOW KNOT PONYTAIL
疲れないヘアを見慣れない唇で裏切る

遊びのあるヘアに添えるから絶妙
渋色リップに比重を置く

USE!

Q
_ヘアケア&スタイリング エマルジョン 100mL 3,000円+税/THREE しなやかにゆれるスタイルに。R_エンスロール グロス 07 2,800円+税/セルヴォーク 濃密なぬれ感と発色。

HOW TO

センターパーツに分けた前髪をなでるようにエマルジョンタイプのヘアスタイリング剤Qをつけ、全体を1つ結びにする。前髪とえり足はまとめすぎず遊びを持たせてバランスを整える。抜けのあるヘアに一転、リップは重厚なブロンズR。このちぐはぐな取り合わせがありがちを回避して「手抜き感のあるカッコよさ」を連れてくる呼び水になる。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model), Koichi Sakata(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACEMONKEY)Styling_Keiko Watanabe(KIND) Model_Zoe Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya

RECOMMENDED