GISELe

2019/07/20

何を着よう?と悩まずに、今の気分で着こなす7つのスタイル

GISELe編集部

「多才がゆえにまわる服」



Play in the Dark
「ビターに味わう甘い柄」

花柄などの「かわいい柄」は、イメージに反して涼しい顔で着こなしたいところ。もとから甘さをおさえた暗色ベースに加え、ほかもミニマルな黒を貫くことで、簡単にクールを装える。

色と面積でカバーする。
花柄をタフに着るための手段

柄が持つ印象をひねって着てこそ、スタイリングの幅は広がるもの。ダークトーンで落ち着かせ、黒チュニックの下に隠すようにかわいい柄を重ねてみる。シンプルな黒トップスに意外性をもたらし、柄スカートに飽きもこない、一石二鳥の組み合わせ。

黒スエードヘップサンダル 28,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) 黒サイドスリットチュニックトップス 8,500円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) サングラス 32,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eye’s Press) 黒フェイクレザー巾着バッグ 5,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) シルバーボリュームリング 28,000円+税/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店)


Shade of Colors
「あいまいにワントーン」

シンプルな服をそれなり以上に見せたいとき、「トーンをそろえれば」うまくいく。選ばれたワードローブを見渡し、使い方に悩みがちな淡い色を集めてみれば、新たなスタイリングを編み出すきっかけに。

トーンに加えてシルエットも
流れるようなニュアンスで

ピンクベージュのトップスを薄めるように、ライトベージュのスカートを。膨張しがちな色だけに、トーンをそろえて流れをつくり、シルエットも「縦」を意識。細見え確実の極端なIラインも、色の効果であざとくならない。

ベージュニットタイトスカート 13,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) ピンクベージュミニかごバッグ 23,000円+税/アルテサーノ(エディット フォー ルル) ダスティピンクシアーロングTシャツ 7,600円+税/ベースレンジ(エディット フォー ルル) 黒ビスチェ 7,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) レオパード柄ハラコショートブーツ 142,000円+税/シャーロット オリンピア(ロンハーマン)


Relax More
「肌でこなすレイヤード」

夏といえど、いざというときの「はおり」は大人にとって必要不可欠。かといって暑苦しく見えては本末転倒。素肌の上をすべるような、隙を感じる気だるいレイヤードを堪能。

上質なカシミヤを素肌で感じる
「まとうことで癒される」贅沢さ

淡くなめらかなレイヤードには、締め色のハイウエストパンツでゆるみをカット。そのメリハリと、あたたかみのある白からのぞく素肌は、それだけで女っぽい。きゃしゃに見せる効果もある、リズムの効いたスタイリング。

共布ベルトつきネイビーワイドパンツ 16,000円+税/AKTE ゴールドリング 5,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) オフ白スクエアネックタンクトップ 6,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) オフ白フリンジストール(リビングライン) 78,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 細フレーム眼鏡 29,000円+税/Seacret Remedy(Eye’s Press)
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mods hair) Model_Eto Design_Tomoki Fukuhara Cooperation_AFLO, Baluko Laundry Place Yoyogiuehara  Composition&Text_Chiharu Ando