GISELe

2021/08/24

3つ選ぶなら「ひかえめに華やぐ」多才な色がいい理由

GISELe編集部

「この色みで・このアイテム」

黒や白のような軸色扱いで着まわせる「この色で・このアイテム」を選抜。落ち着く色が増えがちなこの先の気分転換としても、ときどきワードロブから引っ張り出して着たくなる。多才な3色をローテーションに組み込んで、さらにスタイリングの表情を豊かに!


PINK
☑モーブピンクの Iラインスカート

まじり気のあるヴィヴィッドカラーが引き続きブーム。かわいいイメージのピンクも、明度おさえめのパープルがかった色合いでエレガントな趣に。スマートな Iラインも大人っぽさを助長。

day_01

ピンクになじむグレーで
知的かつスマートに
ノースリーブの肌感をやさしく見せつつ、Iラインシルエットのほどよいボリュームづけに最適なスエットの肩がけ。可愛いピンク・知的なグレーという色の持つイメージを上手に組み合わせて。


day_02

力を抜いて着られるゆるい白が
ピンクの甘さを和らげる
ピンクに限らずタイトスカートやスキニーパンツなど、細身のボトムに合わせたい、ヒップが隠れる丈の余白のあるシルエットのトップス。「キレイなままくずす」にはあくまでデザインはキレイめ・シルエットは大きめを選ぶのが基本。


day_03

ぬくもりのあるツートーンが
レトロなムードを演出
配色の相性もいい、ヴィンテージライクなブラウンとピンク。味わい深いグラデーションも、デコルテ・脚と部分的に素肌が見えているおかげで、抜け感があって夏場も重く見えない。

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED