GISELe

2019/07/31

買い足すべき「キレイ色」はピンク・イエロー・ブルー

GISELe編集部

「この色みで・このアイテム」

色みの幅がどんどん広がっているキレイな色。その中から黒や白のような軸色として活用できる「この色みで・このアイテム」を選抜。多才な色の主役をローテーションに組み込んで、さらにスタイリングを表情豊かに!

FADED NUANCE
MAUVE PINK
LONG PENCIL SKIRT

「モーブピンクの Iラインスカート」
まじり気のあるヴィヴィッドカラーが引き続きブーム。かわいいイメージのピンクも、明度おさえめのパープルがかった色合いでエレガントな趣に。スマートな Iラインも大人っぽさを助長。

day_01
ピンク同様やさしい魅力のあるグレーで Iラインを形成

ピンク共布ベルトつきタイトスカート 14,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス ウィメンズ 新宿店) リブタンクトップ(7月末入荷予定、オンライン限定)3,400円(税込み)/Gap(Gap 新宿フラッグス店) 肩にかけたグレースエット 10,000円+税/ROLLA ’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) サンダル 17,000円+税/FABIORUSCONI(ハイブリッジインターナショナル) モックネック&スエットの肩がけで縦のラインを強調。


day_02
力を抜いて着られるゆるい白がピンクの甘さを和らげる

ピンクスカートは着まわし。アイボリーリネンカットソー 23,000円+税/FLORENT サングラス32,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) バッグ 16,000円+税/mezzo(センゾートーキョー) サンダル5,500円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN) 合わせるトップスのテンション次第で、ピンクの甘さは自由にコントロール可能。メンズのように余白のあるカットソーを合わせたら、女度が和らいで適度にラフ。


day_03
ぬくもりのあるツートーンがレトロなムードを演出

ピンクスカートは着まわし。ブラウン開襟シャツ12,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ブラウンサンダル 28,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) ヴィンテージライクなブラウンの開襟シャツに、ピンクのスカートでひとさじのPOPさをプラス。ブラウンとピンクでつくった味わい深いグラデーションも、デコルテ・脚と部分的に素肌が見えているおかげで、抜け感があって夏場も重く見えない。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Model_Alisa Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama