GISELe

2019/08/03

海外スナップで発見|今っぽく「定番アイテム」を着こなす12の法則

GISELe編集部

「回る定番」の近況REPORT

定番アイテムを上手に活用しているファッショニスタのSNAPをピックアップ。とくに「今の気分」を体現している着方を、GISELeスタイリストたちが徹底解説。今回のテーマは、ブルー&ブラックデニム、モノトーンTシャツ、白シャツの4つ。

STYLISTS

YASUKO ISHIZEKI
キレイめな服×カジュアルな小物など、異テイストをMIXしたスタイリングが得意。さまざまな女性誌から引っぱりだこで、多忙を極める。





KEIKO WATANABE
大人の余裕を感じさせる、上品な組み合わせが鉄板。GISELeでときどき担当するカラーアイテムを使った企画は、毎回多くの反響が。




KAORI HIGUCHI
GISELeの表紙のスタイリングも毎号担当。大人に似合うカジュアルをモットーに、「埋もれない」絶妙なシンプルスタイルを提案する。




MAKIKO IWATA
旬のアイテムを、キレイめに落とし込むコーディネート提案が人気。自身が小柄なため、スタイルよく見せるテクニックも熟知している。




NATSUKO DEGUCHI
ボーイッシュなカジュアルが定番。GISELeでは靴やバッグ、アクセサリーの企画を担当することも多く、小物のトレンドにも精通している。



CHISATO TAKAGI
メンズ服やヴィンテージアイテムをとり入れた提案に定評アリ。メンズっぽいサイズ感を生かした新鮮な重ね技にも注目が集まる。




NO.01
ITEM:BLUE DENIM PANTS

A.レトロな服を今どきにハズす
B.白ブラウスによるきちんと感
C.軽さが生まれる色選び



comment
A.ロゴT+チェックジャケットの合わせにキッチュな昔っぽさがありながら、ハズし方が今っぽくてオシャレ。エッジィなサングラスを効かせたり、ジャケットを片方の肩にさっとかけたり。大人らしいこなし方に惹かれました。(石関さん) B.デニムにゆるさがあるぶん、ブラウスはくずさずかっちり着る。上下のバランスがうまくとれていて、目を引きました。黒いシューズで足元に重さを足しながら、とがった形を選んだおかげでシャープな印象に。小物選びにもセンスを感じられる。(岩田さん) C.デニム×ジャケットって重く見えがちですが、インナーを白Tにしたりヌーディなパンプスを合わせたりして、ちゃんと抜け感が計算されている。(出口さん)

TALK THEME
今気になるデニムは、ゆったりとしたテーパード
石関さん:01-Aの人がはいている、古着っぽいデニムがかわいい。色あせたブルーが、着こなしに味わいを与えてくれます。
出口さん:あとは、ハイウエストの形も昔っぽさをあと押ししていますよね。
岩田さん:リースにまわった際、ジャストサイズよりも2サイズくらい大きいような、ゆるいシルエットを何度も見ました。簡単にこなれた感じを出せるので要注目。
出口さん:01-B01-Cのデニムからもわかるように、腰まわりにゆとりがあって、すそにかけてだんだんすぼんでいくような形も多かった気がします。腰から太ももにかけて丸みのあるテーパードシルエットにより、シンプルなトップスでも昔っぽさと女らしさが演出できます。



NO.02
ITEM:BLACK DENIM PANTS

A.同系色でシックにまとめる
B.小物までモノトーンで徹底
C.気楽なTシャツ+コンバース



comment
A.服自体は全部カジュアルなんだけど、全体を同系色でまとめたおかげでシックな印象に整っている。デニムの絶妙な長さを生かした、バレエシューズとの合わせもいいですね。引き締め効果の高い黒だから、ぺたんこ靴でもシュッとして見えると思う。(高木さん) B.パリッとした白シャツを合わせて、ワイドデニムを女らしく寄せたバランスがいい。モードなサングラスにリラクシーなバッグ、フェミニンなサンダル。テイストの異なる小物をモノトーンしばりでちりばめたところも見事。(石関さん) C.色あせぐあいもクラッシュのあんばいも絶妙なデニムを軸に、海外の男の子みたいなアイテムで味つけ。くたっとした白Tの気だるい感じも好きです。(樋口さん)

TALK THEME
デニムっぽさが薄れる黒。品よく着るかラフに着るか
高木さん:ふつうのブルーデニムよりもかっちりとした印象に仕上がる黒のテーパードデニム。02-AのようにTシャツ合わせでも、THE・カジュアルな仕上がりにならず、洗練されて見えます
石関さん:オーバーサイズの白シャツを合わせた02-Bは、上下ともメンズライクなシルエットでありながら、黒の引き締め効果によってすっきりと、さらにはスマートに見える。
樋口さん:キレイにはくのもいいですが、私はデニムっぽくない黒を逆手にとって、無骨な使い方がしたいです。惹かれたのは、大胆なクラッシュがほどこされた02-Cのデニム。海外の男の子みたいなデザインだけど、ひざ部分の肌の見せ方に特徴があって、ひとさじの女っぽさが感じられて印象的です。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa