GISELe

2019/08/09

この夏の注目色 「ブラウン」の着こなしサンプル16

GISELe編集部

「キレイなブラウン」の出番



BASIC COLOR SCHEME
白+ネイビーより「白+ブラウン」

白+ネイビー的な品のよさを演出できる「白+ブラウン」配色。辛口な白にも甘い白にも、ブラウンの調整力が働き求めていたバランスに着地。


FEMININE by classical lace
なつかしくもモダンな白レース+濃色ブラウン

甘いレーストップスをやさしく引き締めるブラウン。配色のぬくもりでレトロなグッドガール風に。
センタープレスパンツは着まわし。レースブラウス 55,000円+税/Sea NewYork(ブランドニュース) ハット16,800円+税/ラックオブカラー(ジャック・オブ・オール・トレーズ) イヤリング 7,000円+税/アビステ 茶ベルト 27,000円+税/MAISON BOINET(ebure) バッグ 15,500円+税/宮本工芸(カレンソロジー 新宿)


HANDSOME by safari jacket
強くハンサムな白に効くブラウンの「まろやかさ」

メンズ色の強い白のサファリジャケットなど、辛口な白に必要な女らしさは、コンパクトなブラウンでカバー。
リブトップスは着まわし。白サファリジャケット 44,000円+税、ベージュスエードショートパンツ 48,000円+税/ともにTHIRD MAGAZINE サングラス 21,000円+税/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ラフィアフリンジバッグ 61,000円+税/CAROLINA SANTO DOMINGO(essence of ANAYI) パイソンサンダル 29,000円+税/ペリーコサニー(デミルクス ビームス 新宿)


GRADATION & ONE TONE
「グラデーションとワントーン」のレパートリーが増える

定着したベージュ系のグラデ配色はもちろん、黒より軽さが出せて試しやすいオールブラウンにもトライ。「重くなく締まる色」で簡単に着映えするテクニックを実践。


ONE TONE
腕見せの抜け感でブラウニーなワントーンに立体感を

リズムをつけて着るコツは肌感。薄いノースリトップスに重めのニットを巻いて、素材でメリハリを出すのも効果的。
ノースリーブトップスは着まわし。茶ニット(7月下旬展開予定)21,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) 茶パンツ 19,000円+税/ザシンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) ピアス各14,000円+税、バングル 24,000円+税/以上e.m.(e.m.表参道) ボーダーベルト 3,590円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン) イエローコーデュロイバッグ 43,000円+税/A VACATION(ザストアバイシー代官山店) サンダル 5,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店)


GRADATION
なごむ色づかいで緊張感をゆるめた美増しグラデーション

ベージュ+ブラウンの濃淡配色。上下のシルエットに差をつけた羽織りものありきで、インナーに調整役の白を入れると簡単にバランスよく仕上がる。
ギャザースカートは着まわし。ベージュノーカラージャケット 24,000円+税/y/m リブニット 12,000円+税/styling/(styling/ ルミネ新宿1店) サングラス 2,990円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン) ピアス 7,778円+税/アビステ パイソンバッグ(Plage限定)39,000円+税/MARROW(4K) ビーチサンダル 4,500円+税/アーバンリサーチドアーズ(アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店)

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Nevena Design_Yumi Arai(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama