GISELe

2019/08/09

この夏の注目色 「ブラウン」の着こなしサンプル16

GISELe編集部

「キレイなブラウン」の出番



VARIOUS COLOR
「ブラウンは色を助ける色」

上下シンプルな装いの気分転換に必須な「色」。包容力のあるブラウンで受け止めたいのは、ペールカラーとディープカラー。ともにトーンはおさえめの色合いで、キレイな見た目に仕上げるのが気分。

PALE

+ YELLOW
ブラウンとの合わせならクリーミーなイエローのやさしさが生きる

ネイビーと同じように使える濃色ブラウンは、イエローとも好相性。くすませた色みにシフトしつつ、マットなブラウンでレディに調整。
ミディ丈スカートは着まわし。トップス 23,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) サングラス 38,000円+税/JULIUS TART OPTICAL×BED&BREAKFAST(GREED International TokyoStore) ライトブルーミニ巾着バッグ 33,000円+税/VASIC(コード) レースアップサンダル 4,499円(税込み)/H&M(H&M カスタマーサービス)


+ PINK
肌なじみのよいくすみピンクでグラデーション風につなぐ

鉄板のブラウン+ピンクも、それぞれの色みにこだわりを。互いにヴィンテージライクな風合いで、シンプルな組み合わせでも今のムードを含んだ装いに。
ギャザースカートは着まわし。サーモンピンクトップス 7,500円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ライトブラウンリブカーディガン 18,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) バングル 12,000円+税/アビステ PVC巾着バッグ 24,000円+税/VASIC(コード) シューズ/スタイリスト私物


+ BLUE
ブラウンのさし色で端正なダスティブルーを力まず着こなす

さわやかなブルー&白。それぞれリラクシーな形でもインナーにコンパクトなブラウンを使うことで、シルエット&配色も締まって大人っぽい印象。
リブトップスは着まわし。ブルーストライプシャツ 23,000円+税/AP STUDIO(エーピース トゥディオ グランフロント オオサカ) 白リネンテーパードパンツ 28,000円+税/THIRD MAGAZINE ピアス 4,473円+税、パールネックレス 7,778円+税/ともにアビステ バッグ 16,000円+税/MARROW(4K) ボルドーサンダル 20,000円+税/ENFOLD


DEEP

+ GREEN
深いグリーンに少量のブラウンでクラシックなムードが漂う

ディープグリーンにあえて濃色ブラウンをさした秋っぽい配色が夏に新鮮。ワンピース+ボトムの組み合わせも、配色で見違えをはかって。
センタープレスパンツは着まわし。ワンピース 33,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー カスタマーサービス) サングラス 18,000円+税/A.D.S.R.(4K) バッグ 8,500円+税/ナナナナ(ミッド タウン プロジェクト) ビーチサンダル 3,000円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 神南店)


+ PURPLE
ブラウン系のさし色に最適なヴィンテージパープル

ブラウン&ベージュにパープルという、上品でレトロなイメージの色。組み合わせることで、メンズライクなアイテムもエレガント。
ジャケットは着まわし。パープルトップス 15,000円+税/nagonstans ベージュパンツ 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) ピアス 18,500円+税/アビステ バッグ 32,000円+税/MARROW(4K) サンダル 6,990円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン)


+ RED
ブラウンと合わせたドライな赤がドレス感のあるムードに導く

くすんだ色みに加えて、乾きのあるマットな質感を選ぶことも赤を落ち着いて見せる秘訣。タック入りのメンズライクな形で辛口に。
ノースリーブトップスは着まわし。赤タックパンツ 32,000円+税/ebure ブレスレット 5,000円+税/アビステ ネイビーベルト 24,000円+税/MAISON BOINET(essence of ANAYI) バッグ 69,000円+税/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 銀座三越) ビーチサンダル 8,000円+税/ティーキーズ(エーピース トゥディオ グランフロント オオサカ)

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Nevena Design_Yumi Arai(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama