GISELe

2019/08/12

秋を待たずに「夏」から取り入れたい4つのキーワード

GISELe編集部

「ワンツーを変える・転ばぬ先の服」

今季変わることの目玉である「色とボトム」をメインテーマにお届けする今月号。夏真っ盛りですが「着るのは今」の即効性ある新しさ。それはまた、季節が進むにつれて活躍が約束された服でもあります。その中で今欲しいと直感で思うものは、あとでも欲しくなる。秋を待たずに今着る、見た目で選んで正解の「伸びしろのある服」とは?


1 BASE COLOR
「多才さはブラウンに求める」

ブラウンをまとったアイテムが圧倒的に多い今季。その中でも選択基準としたいのが、枯れた色みやペールカラーなどの旬色、ベージュとのグラデーションにも好相性な「濃い」ビターなブラウン。配色の要として活躍するのはもちろん、黒のように主役にも、脇役にもなれる多才さを持ち合わせた色。そんなブラウンを軸に、これからのスタイルづくりを計画。

プルオーバー 18,000円+税/GALERIEVIE(GALERIE VIE 丸の内店) パンツ22,000円+税/デ・プレ ピアス 23,000円+税/エレナローナー(デ・プレ) スニーカー 7,900円+税/ムーンスター(ムーンスター カスタマーセンター)


2 UNCLEAR
「まじり気のある明るい色」

明るい色は「まんまその色」ではなく、引き続きあせたようなくすみがかった色が全盛。赤ならブラウンがまざったような渋み、イエローならベージュがかったやさしく、なつかしい色み。
そんな印象的な色もベーシックカラーがとけ込んだような色みに変貌。「目立つ色こそ目立たせない」イメージ。そんな落ち着きのある色みを選ぶことで大人に着やすく、コーディネートの幅も広がる。

シャツ 25,000円+税/デ・プレ パンツ(9月展開予定)23,000円+税/ENFOLD ピアス 23,000円+税/エレナローナー(デ・プレ)


3 RENEW BOTTOM
「ボトムはひらつきからしっかり感へ」

Tシャツやタンクを繰り返し着ている今だからこそ、見えてくるボトムのかえどき。「上は涼しいまま・下から重く」というスタイリングが楽しめる秋ボトムの中でも、今季はパンツが話題の中心。再注目されている脚をより長く・キレイに見せるスマートな形を筆頭に、エレガントにイメチェンしたコーデュロイ、昔の紳士ご用達のチェックやツイード。肉感を拾わない厚み+細身の形が組み合わされた1本をまずその手に!

Tシャツ 14,000円+税、肩にかけたストール79,000円+税/ともにATON(ATON AOYAMA) パンツ 47,000円+税/beautiful peo ple(ビューティフルピープル 銀座三越) ピアス 23,000円+税/エレナローナー(デ・プレ) サングラス 20,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) シューズ 15,900円+税/A de Vivre


4 READY? LADY
「デニムを軸に伸びしろのあるトップス」

デニムに合う、で選びたいトップスも「甘め方向」が気分。その中で今季、目をつけたいのが「女っぽさ」。かわいい=女っぽさという解釈で選ぶトップスは、紳士的なパンツや正統派なビッグジャケットなど、これから登場してくる新たな旬アイテムとも好相性。先まで待つより今着たい。そして秋が深まるにつれて、軸として活躍するトップスはまず、LADY方向へ舵を切って。

ブラウス 23,000円+税/トゥモローランドコレクション(TOMORROWLAND) デニムパンツ 12,800円+税/ROLLA S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ピアス 23,000円+税/エレナローナー(デ・プレ) インナー/スタイリスト私物
CREDIT: Photography Masashi Ikuta(hannah) Styling Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make upNaoyuki Ohgimoto  ModelJoanna Design Yoshitatsu Yamaya(MahGra) Composition&Text Tomoyuki Kaneyama

RECOMMENDED