GISELe

2019/08/27

グレーは「深い色味」を選ぶべき理由がわかる15スタイル

GISELe編集部

ほっそりしつつも「深いほどいいグレー」



(No_007)
WARM MATERIAL
「清楚に涼しく」ぬくもり素材

ベロアやウールなど、これから増えるウォーミィな素材。濃厚なグレーならではの端正さが、ほっこり感なくスマートに見せてくれる。まずは夏のトップスとも組み合わせやすい、ボトムから更新を。


VELOUR SKIRT
ベロアの光沢感を高めるカジュアルなドレスアップ

グレーベロアマキシフレアスカート4,900円+税/ニコアンド(アダストリア) ライトグリーンウールニットタンク13,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 黒ハット37,000円+税/クライド(プラージュ代官山店) 黒サンダル12,500円+税/ミノルキンヌ(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)


A_WOOL SKIRT

ジャンパースカート 43,000円+税/ELIN(クルーズ) たっぷりとした丸みのあるシルエットでも、シャープなグレーならもたつき知らず。


B_WOOL PANTS

センターシームフレアパンツ 22,000円+税/エトレトウキョウ 美形パンツのきちんと感を高める渋い色み。


C_KNIT SKIRT

ニットラップスカート 42,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ニットのやわらかな風合いはそのままに、カジュアル加減をほどよくセーブ。




(No_008)
HANDSOME AND LADY
「ハンサムと女っぽさの共存」

シャツやスラックスなどといった、背筋が伸びるアイテムそのもののカッコよさ。深いグレーを選ぶことで優美になり、男女を問わず通用する美しさへとシフト。色にも形にもこだわることで、シンプルな装いにも自信が持てる。


BIG SHIRT
ハリのあるクールなシャツにグレーが適度な隙をもたらす

チャコールビッグシャツ5,500円+税/ニコアンド(アダストリア) 黒デニムパンツ36,000円+税/ザ・ニューハウス(アークインク) ぶかっとしたシルエットによって生まれる隙間が、きゃしゃな女らしさをより引き立てるポイントに。そのぶんボトムは細く。


SLACKS
すらっとした細身パンツの美しさが締まるグレーでさらにきわ立つ

ベージュビッグトップス14,000円+税/CLANE(クラネデザイン) グレーダディズパンツ35,000円+税/THESHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) 黒眼鏡22,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) キャメル巾着バッグ37,000円+税/ヴァジック(アダム エ ロペ) クリアサンダル12,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿)



(No 009)
SIMPLE MODE
「親しみやすい」モード感

白や黒だとモードな印象が強くなり、ともすると難しくもなりかねないデザイン性の高い服。クールなだけでなく親しみやすさもあわせもつ色みのグレーなら、デザインのハードルをクリアするのにも好都合。


JUMPSUIT
まじめなグレーのイメージを頼りに構築的なシルエットを身近に寄せる

グレーラップジャンプスーツ 74,000円+税/ELIN(クルーズ) 黒キャミソール 9,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) サングラス 34,000円+税/プロポ(プロポデザイン) 黒ハラコチェーンクラッチ 18,000円+税/サンドラ ロバーツ(エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ) 黒ショートブーツ 27,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ジャンプスーツ以外は黒でまとめることで、よりリアルに。クセのあるデザインこそ、黒の汎用性を素直に生かして。
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Daisuke Yamada(Cake) Model_Oliwia Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi