GISELe

2019/08/30

「かわいい」よりも「女っぽさ」をつくるデニムに合うトップス17選

GISELe編集部

「デニムと一緒」で媚びない女っぽさ

かわいいアイテムもいいけれど、これからは自分を高めてくれる女っぽさにも着目を。わかりやすい赤や振り切った肌見せなど、ふだんならためらう強いアイテムも、身近なデニムと合わせればちょうどいいバランス。デニムと一緒に考える、キレイなムードづくりに欠かせない新たなトップスの選択基準とは?


Deep Red
色気に直結する「深い赤」

入るだけでムードが変わる、鮮烈な赤。女らしさを象徴する色も、彩度を落として深みを足すことで品のよさや落ち着きが加わり、大人の色気を引き出してくれる。


素肌や濃いインディゴとのコントラストによって生きるシンプルな赤の強さ

ボルドー共布ベルトつきニットタンクトップ 4,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ストレートデニムパンツ 26,000円+税/nagonstans 手に持ったグレーツイードブレザー 61,000円+税/NO.6(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)


Base Range
1枚で「もつ」タイトなベロア

ロングスリーブベロアトップス(10月入荷予定) 17,000円+税/ベースレンジ(シティショップ) きゃしゃなデコルテがのぞくワイドネック。


AKTE
かわいい花柄もシックに傾く

赤花柄ハーフスリーブシャツ 9,500円+税/AKTE シルエットによるルーズな雰囲気も、ベースを映える赤にするだけで緊張感がアップ。


R JUBILEE
タイトなフォルムで攻めの赤

Vネックリブトップス(8月中旬発売予定) 13,000円+税/R JUBILEE(ショールーム セッション) タイトなリブとの相乗効果でさらに色っぽく。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company.model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Charlie Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi