GISELe

2019/09/03

新しい服をきっかけに試したい「新しいメイク」7選

GISELe編集部

「新しい服に添えたいメイク」



DAY 04
BITTER RED
「枯れ色な赤」に添えるならば
>>> 波長が合う「渋赤」をリフレイン

ファッション同様、コスメでも赤の間口は広がった印象。おさえた彩度ゆえ、肌から浮かない落ち着きがありつつ濃密なオンナっぽさも。「脱・ブラウン」の筆頭に添えるなら「渋赤」一択。

女っぽいのにかわいげもある

ワッフルワンピース 14,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) 2連リング 13,000円+税/シンパシー オブ ソウル スタイル(フラッパーズ) ボールリング 2,400円+税/アネモネ(サンポークリエイト)



HOW TO...
服からメイクまで「ワントーンまとめ」

EYE
アイシャドウ01をアイホールと目頭以外の下まぶたにライン状に入れて囲む。眉にもブラシで色をぼかし込む程度にのせる。眉を含めた目まわりをワントーンに整えることで、ちょうどよくキャッチィにまとまる。
CHEEK
ブラシにパウダー05をとり、チークラインに対して横長&幅広にふわりとオン。ブリッジをかけるように鼻の中間にも入れる。

01.アイカラー I 400 1,800円+税/アナ スイ コスメティックス(10月1日限定発売) レッドパールを含んだヴィンテージレッド。スモーキーな発色。02.ブラッシュチュール 13 6,000円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ(8月9日限定発売) ワンストロークでルックを刷新するパワーを持つダスティなプラム。03.ティント リッププロテクター+モア 001 SPF20 2,500円+税/ADDICTION BEAUTY オーガニックシアバター配合。吸いつくようなテクスチャーで唇や肌を彩る。鏡を見なくてもつけられるティント発色。04.ウズ アイオープニングライナー バーガンディ 1,500円+税/ウズ バイ フローフシ フューシャパープル。センシュアルにまなざしを彩る。05.ザ ブラッシュ 010 2,800円+税/ADDICTION BEAUTY 脇役に徹しながらもコンサバじゃないノンパールでマットなブラウン。



DAY 05
UTILITY BEIGE
「ブラウンと親しいベージュ」に添えるならば
>>> 生意気なブラウンのグラデアイ

きちんと感も自分らしさも欲張りたい日。ベージュ×ブラウンアイの王道にのっかりつつもストロークに強さを。固定観念にとらわれない大胆さで「グッドガールなベージュ」の印象を軽やかに裏切って。

いつもの色のムードを変える

トップス 24,000円+税/y/m デニムパンツ 15,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) スカーフ 2,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) パンプス 26,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa



HOW TO...
とことん頼りになるブラウンパレット

EYE
01を使用。Bをアイホールに入れたら、アイホールの中央にA、アイホールラインに沿ってCを弓なりに入れ、彫りを強調。下まぶたの涙袋にライン状にC、目尻にDをのせれば、縦にも横にも2割増しのサイズ感に。つける位置や順番を変えるだけでいつものブラウンアイから脱却できる。
LIP
唇はまじめな目元に一石を投じるマットな赤(04)。

01.SHIRO ジンジャーアイシャドウパレット 9A04 7,000円+税/シロ スキントーンを問わずに使える赤みを含んだブラウンパレット。ジンジャー配合。くすみがちな目元をメイクしながら明るく整える。02.ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 1194 4,500円+税/NARS JAPAN(セミセルフ店舗限定発売) シマーからマットなブラウンまでイン。何とおりものアイメイクを楽しめる。03.アイパレット セクシー トムボーイ 9,100円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ(8月9日限定発売) 振り幅のあるブラウンをワンパレットに集約。レザータッチのクチュール感あふれるパッケージデザインが所有欲をかき立てる。04.ルージュ アンリミテッド アンプリファイド マット AM RD163 3,300円+税/シュウ ウエムラ(9月18日発売) マットな赤。シュウ ウエムラ史上最多となる155色のラインアップで新登場。



DAY 06
LADY BLACK
「甘い黒」に添えるならば
>>> 甘く辛いどっちつかずのオリーブ

受け入れる黒に頼ってルックを刷新するパワーがある色をさす。「ベーシックカラー以外」、ただそれだけの差異が非日常感の呼び水になる。アクの強いオリーブは小さくても確実に効く色。

至近距離で気づく透ける色づき

チュールスリーブトップス 15,000円+税/ソブ(フィルム) パンツ 7,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) イヤーカフ 900円+税/アネモネ(サンポークリエイト)



HOW TO...
「影を帯びた色」を重ねて退屈させない目元

EYE
こげ茶のクリームシャドウ05を下地がわりに上まぶたに仕込んだあと、01のシャドウをアイライン的に使って上下のキワを埋める。マスカラ06は根元から均一に。選んだのはステンレスをイメージさせるグレー。こげ茶、オリーブ、グレー……。「黒っぽいけど黒じゃない」色でまとめて「甘い黒」をナイトアウト仕様に鮮やかに変換。

01.ルナソル グラムウィンク EX01 3,200円+税/カネボウ化粧品(8月16日限定発売) オイルベースの単色アイシャドウ。大小のパールがチラチラ光る。02.エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル GR04 1,800円+税/エレガンス コスメティックス(9月16日発売) ゴールドカーキ。03.SHIRO がごめ昆布アイライナー 8I03 3,800円+税/シロ オリーブグリーン。04.ストーンホイップアイズ 01 3,500円+税/RMK Division(8月2日発売) グレイッシュカーキ。まぶたにのせるとホイップクリームのようなテクスチャーがパウダリーに変化する。05.m.m.m. アイライトクッション 03 3,200円/ハーブラボ ツヤ、発色、ニュアンス、すべてがちょうどいい「過ぎない」トレンド感。アッシュブロンズ。06.ナチュラルフレーミングマスカラ EX02 3,800円+税/カネボウインターナショナルDiv.(8月9日限定発売) 鉛のような光感のダークグレー。



DAY 07
WARM WHITE
「ぬくもりある白」に添えるならば
>>> 淡いベージュの範囲でこなれたリン

目を引く要素は「ひかえめなチカチカ」だけ。フレームは締めない。モヘアをイメージさせるようなやわらかさと光で包み込むように仕立てる目元は結果として至近距離にも強い。

違いを生む微差

シフォンブラウス 6,980円+税(8月展開予定)/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) パンツ 30,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) チョーカー 1,800円+税/アネモネ(サンポークリエイト)



HOW TO...
どこも「引き締めない」という新しい選択肢

EYE
01_aを上まぶた、01_cを下まぶた全体にのせる。ニュアンス違いの淡いトーン、しかも頼れるベージュなら、臆することなくキラキラをこなせる。
HIGHLIGHT
目の下の三角ゾーンにやや小さめに03のハイライトをなじませる。影になりがちなこの部分に繊細な光を仕込むことでぷりっとパンプアップ。クマもくすみもカムフラできる。

01_a.オサジ ニュアンス アイシャドウ w02、b.同 d04、c.同 w03 各2,000円+税/日東電化工業 肌に透けて自分だけの新しい色になるやさしい色合い。1色でラフに完成させても、何色か組み合わせたりMIXさせても美しい彩りになる。w02「Amaoto(雨音)」、d04「Awai(間)」、w03「Hakage(葉陰)」とストーリーを感じるネーミングの美しさにも注目したい。02_a.ケイト ザ アイカラー 036、b.同 002、c.同 014 各650円+税(編集部調べ)/カネボウ化粧品 あたたかみのあるベージュの微差。肌に透けるのに沈まない品のあるパール感のアイシャドウは秋に向けて入手したいアイテムの1つ。03.フェイスストゥディオ Vフェイス デュオスティック 02 1,400円+税/メイベリン ニューヨーク パール入りのハイライトとマットシェーディングが1本のスティックに。自然な陰影で立体小顔を生む。
CREDIT: Photography_Saki Omi(io_model), Koichi Sakata(still)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON)Styling_Natsuko Deguchi Model_PetraDesign_Yuko Shiga(Ma-hGra)Composition&Text_Wakana Akiya

RECOMMENDED