GISELe

2019/09/09

いつもの白Tが見違える「重量感のあるスカート」

GISELe編集部

白Tに必要な「スカートの重み」



03 | KNIT
「肩の力を抜きつつ女度を上げる」

肌ざわり・伸縮性ともによく、「快適な着心地」が保証されたニットスカート。脚の線をひろわないAラインかほっそり見せられるI ラインか。どちらを選べど、もったりとした質感が見慣れた白Tの気分をリフレッシュ。


ボディラインにフィットするセンシュアルな秋色
凹凸のあるリブのおかげで、タイトシルエットながらも体型の目くらましができる。ほんのり光沢のあるマスタードなら、渋くなりすぎずにクリアな白Tとも好相性。

マスタードリブニットスカート 29,000円+税/R JUBILEE(ショールーム セッション) 白Tシャツ 14,000円+税/ニアーニッポン(ニアー) ベルトつきジャケット 42,000円+税/ステア(リコドット) サングラス 18,000円+税/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ピアス 40,000円+税/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店) バッグ 13,000円+税/マニプリ(フラッパーズ) パンプス 48,000円+税/ペリーコ(アマン)


ボリューミィなAラインが親しみやすい女っぽさを演出
かわいい印象になりやすいニットスカートと、ノーブルに転びがちなフレアスカート。2つが合わさることで、愛らしさと知性を満たした理想的なスタイルに近づける。

ブラウンフレアニットスカート 27,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) オフ白Tシャツ 16,000円+税/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 銀座三越) ミリタリージャケット 18,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) バッグ 166,000円+税/ザンケッティ(ハウント 代官山/ゲストリスト) パンプス 38,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク) ミリタリージャケットを肩がけし、メンズライクにドレスダウン。


目を引くヴィヴィッドカラーもニットだとゆるく着られる
ニット特有のやさしい風合いで、鮮やかなグリーンのハードルが下がる。白Tと親和性の高いゆるさと軽やかさを持つ1着なら、秋を待たずに活躍すること請け合い。

グリーンフレアニットスカート 15,000円+税/TOMORROWLAND 白ロゴTシャツ 7,900円+税/ジブール(ジャック・オブ・オール・トレーズ) ストライプシャツ 14,000円+税/ジャーナルスタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) ハット 22,900円+税/CA4LA(CA4LA ショールーム) バングル 80,000円+税/シンパシー オブ ソウル スタイル(フラッパーズ) ブルーパンプス 40,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク)



04 | TWEED
「それだけで“クラシック”を装える」

クラシカルなムードが目立つ今シーズン。カジュアルな服の整え役となるツイードも、見のがせない素材の1つ。ツイードならではの風合いで、変哲のない白Tがグッと華やかに。


白でつないだワントーンでまちがいなくクリーンな仕上がり
白地にブルーを効かせたさわやかな配色で、好感度の高さは確実。ときとして難しく感じる上下白の装いも、表情豊かなツイードを味方にすればメリハリがついて簡単に。

シアーインナースカートつきツイードスカート 34,000円+税/アイレネ(ルシェルブルー カスタマーサービス) 白Tシャツ7,800円+税/SLOANE パープルカーディガン 17,000円+税/エリオポール、バッグ 148,000円+税/ザンケッティ(ともにエリオポール 代官山) ピアス 7,778円+税/アビステ ショートブーツ 62,000円+税/ネブローニ(フラッパーズ) 切りっぱなしの加工や正面のクリアボタンが、モダンなアクセント。


前と後ろで長さが違うクールなツイードが白Tに新風を
前後差をつけて動きを持たせた丈感が、「かしこまった」たたずまいのツイードに大人の遊び心をメイク。色も重厚感があるので、白Tと薄色デニムでライトな見た目を意識。

ツイードフレアスカート 68,000円+税/アンスクリア(アマン) 白Tシャツ 5,800円+税/ザシンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) デニムジャケット 26,000円+税/レッドカード(ゲストリスト) 眼鏡 38,000円+税/プロポ(プロポデザイン) ピアス 18,500円+税/アビステ 巾着バッグ 32,000円+税/ MARROW(4K) バックストラップシューズ 54,000円+税/カレル(アダム エ ロペ) ソックス/スタイリスト私物


ツイードのセットアップでいつもの白Tをレディに変換
セットアップで着用し、正統派なスタイルを楽しむのも今シーズンらしい方法。上も下もまじめなアイテムだけに、カジュアルな白Tによるハズしが効いてくる。

ツイードスカート 20,000円+税、ショートジャケット 25,000円+税/ともにビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) 白Tシャツ 7,500円+税/スリードッツ(スリードッツ 青山店) サングラス 20,000円+税/A.D.S.R.(4K) パールブレスレット 12,000円+税/アビステ ビーズバッグ 15,000円+税/クレオベラ(RHC ロンハーマン) ロングブーツ 77,000円+税/ナンバーシックス(プラージュ 代官山店)
CREDIT: Photography_Yusuke Raika(aosora) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Charlie Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED