GISELe

2019/09/18

どんなスタイリングにも合う「厚みのあるビッグシャツ」8選

GISELe編集部

アウター前に「厚みシャツ」



SUMMER CLOTHES
「夏のコンシャスなインナーにはおるだけ」

タンクトップ+サテンパンツという軽さのある夏の装いに、シャツの厚みが好作用。ラフな肌感もえりつきシャツがクリーンな雰囲気に転換。

+SOBER GREEN
インナーの肌感とのコントラストを出すため、シャツは厚手で季節感のある素材を選択。渋いグリーンも、シャツだからこそ試せる色。
ミントグリーンウールロングシャツ 20,000円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ブラウンリブタンクトップ 11,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) イエローサテンパンツ 28,000円+税/ヘリテノーム(ガリャルダガランテ 表参道店) 白サングラス 30,000円+税/ナザリーブラン、グレーバッグ 65,000円+税/スティーブモノ(ともにドレステリア 銀座店) ピアス 4,500円+税/ラピュイ(キャセリーニ) ベージュパンプス 17,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店)


INNER USE
「ビッグコートの下にアウター未満」

季節が進んだら、コートの下に着るインナーとして活用。アウターもオーバーサイズが主流なので、ビッグシャツでも十分、中に着込める。アウターにアウターを重ねる要領で。

+NOT TOO LONG
アウターをもう1枚重ねることを想定するなら、長すぎない丈感がベスト。渋い色みのチェックは淡いトーンのアクセントにも便利。
チェックCPOジャケット 34,000円+税/ザシンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店) ベージュトレンチコート 83,000円+税/エリン(デミルクス ビームス 新宿) 白ウールスリムパンツ 17,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 新宿店) ピアス 16,500円+税/マリア ブラック(デミルクス ビームス 新宿) バッグ 37,000円+税/VASIC(コード) 白パンプス 17,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール新宿店)


FEMININE
「ワンピースの鮮度を上げて再活用」

ワンピースをはおりでくずす基本テクニック。ビッグシャツを投入することで、よく着るワンピースの装いも新たに。なめらかな生地感の黒シャツが、透け感のあるワンピースの甘さを生かし、大人に仕上げる。

+BLACK SOFT MATERIAL
かたさのない、しなやかなタッチのシャツはワンピースの甘さをくずすことなく、レディに転換。リラックスしながら品よく整える。
黒ビッグシャツ 21,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) 黒小花柄ロングワンピース 36,000円+税/ソレイアード(ソレイアード 自由が丘店) 黒ハット 16,200円+税/CA4LA(CA4LA ショールーム) フリンジイヤリング 15,000円+税/STUDIOU S×TOGA PULLA(ステュディオス ウィメンズ 新宿店) バングル 2,917円+税/アビステ 黒ミニ巾着バッグ 5,500円+税/ロデスコ(ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店) ロングブーツ 65,000円+税/アンソロジーパリ(ドレステリア 銀座店)


SOFT & HARD
「エッジィなレザーボトムを包んでなごませる」

辛口なレザースカートとまじめなシャツにざっくりはおれば、アンニュイなキレイめカジュアルに着地。ハードな素材のパワーを和らげ、日常の場面から浮かないバランスにコントロール。

+FUZZING SHIRT
シャツジャケットの軽いけば立ちで、黒レザーのとがりを丸くし、カジュアルに方向転換。グレイッシュな白もそれをアシストする。
アイボリーメルトンロングシャツジャケット 39,000円+税/エイカ ヨシナリ(4K) シャツ 34,000円+税/ENFOLD 黒レザーフレアスカート 32,000円+税/ドローイング ナンバーズ(ドローイング ナンバーズ 南青山店) クリア眼鏡 38,000円+税/プロポ(プロポデザイン) バッグ 61,000円+税/ストラスベリー(ブランドニュース) スニーカー11,000円+税/リーボック クラシック(リーボック アディダスグループお客様窓口)

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON) Styling_Yasuko Ishizeki  Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Polina Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra)  Text_Ai Watanabe Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama