GISELe

2019/10/03

メンズライクな「スニーカー&レザーシューズ」

GISELe編集部

「足元見てから目標設定」



CHANGE BASIC
「黒にはそろそろ理由が必要」

“服と真逆”でうまくいく「メンズの黒と華やかな黒」
甘みのあるデザインや、ほっこりとした素材の服をうまく整える靴は、見慣れた黒からリサーチ。バランスアップに直結する真逆のテイストMIXを服と足元でも挑戦。


 SELECT_1 
「男前な黒」で甘い服と距離を縮める

1.ローファー(2.5) 34,000円+税/REGAL(リーガルコーポレーション) 本革を使用しはくほどヴィンテージライクなムードに。 2.スニーカー(2.5) 25,000円+税/Traditional Weatherwear×SPECTUSSHOECO.(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) ゴムひもで着脱がラク。 3.レースアップシューズ(3) 32,000円+税/カルチェグラム(デュプレックス) 部分的なスエード地でマニッシュな黒もやさしげ。 4.ブーツ(3) 24,000円+税/ドクターマーチン(カージュ ルミネエスト新宿店) サイドゴアがガーリーなワンピースをもカジュアルダウン。



黒のサイドゴアブーツで白ワンピを辛口LADYへ昇華。無骨な黒となら素足を出しても、がんばった感なし。



 SELECT_2 
カジュアルを格上げする「+ゴールドの輝き」

1.ヒールゴールドアクセサリーブーツ(6) 79,000円+税/ロートルショーズ(ティースクエア プレスルーム) ドアノッカーをモチーフにした遊び心のあるメタル。 2.タッセルパンプス(5) 15,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ローファー風でクラシカルな雰囲気に。 3.ゴールド金具フラットシューズ(1) 16,000円+税/ピシェ アバハウス(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店) コーデュロイ素材のあたたかいボトムでも、ラウンドメタルでキレよく。 4.ゴールドチャームパンプス(6) 6,900円+税/CAMILLE BIS RANDA アッパーのきゃしゃなゴールドが、甲深の重みを緩和。



白系のさわやかなコーディネートを、ゴールドのプレートがついたゴージャスな黒が高貴な装いに引き寄せ。



>> 黒にかわる「ベージュ」もいい

足元の整え役になるプレーンな黒を、今季のキレイめな気分と合う、ベージュにマイナーチェンジ。ヌーディな色なら抜けづくりにも好都合。

〈右から〉ブーツ(6.5) 26,000円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) スエードのなめらかな質感。フラットシューズ(1.5) 17,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 福岡ヴィオロ店) 淡い色でもレースアップデザインで間のびしない。パンプス(8) 48,000円+税/PELLICO(アマン) やや光沢がありクリーンな印象へ。



〈右〉黒とだと男っぽさが強まるカーキのセットアップ。ベージュのパンプスを選ぶことでやさしげに女性らしくまとまる。〈左〉薄いベージュパンプスでハンサムなチェックパンツの堅苦しさをセーブ。
CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Kyohei Sasamoto(ilumini) Model_Natalie Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige