GISELe

2019/10/05

【リブニット】白T級に使える黒リブニット厳選24

GISELe編集部

Tシャツを選ぶように「黒のリブニット」

夏じゅう頼りっぱなしだった白Tの役目を引き継ぐアイテムとして、秋は黒のリブニットをリコメンド。白T同様、飾らない魅力でスタイリングを整える名品だけをピックアップ。利点の多いネックライン別に解説します。
※サイズ表記は写真のニットのものです。複数列記されている場合は、丸囲みで示しています。


Firstly,
SELECT POINT
「あとあといい」を実感できるセレクト基準

a.着心地のよい「しなやかな肌あたり」
b.1枚でも自信を持てる「メリハリのある形やリブ」
c.女性らしさが増す「ほどよいフィット感」

各ブランドが太鼓判を押すニットの中から、「何度も着たくなる」条件a.~c.を満たす24着をしぼり込み。シンプルな服ほど素材感やシルエットの微妙な違いがものをいうから、実際に編集担当も着用し、その魅力を詳しくナビゲート。


01
適度な肌感がある「ゆるめのクルーネック」

まずはTシャツから移行しやすいクルーネックを。鎖骨がのぞくかのぞかないかくらいの余裕のあるネックラインを選ぶことで、ひとさじの女らしさが生まれる。

Sov.
□SLENDER WAIST
92%wool, 6%nylon, 2%polyurethane
size:36, 38

ウエスト位置のリブは細く、すっきりとしたフォルム
16,000円+税/ソブ(フィルム) 全面にストレッチ糸を引きそろえて編んでいるため、やわらかな風合いがありながらも、伸縮性抜群。細長に設計されたスリーブと、リブの太さを切りかえたウエストが、ボディラインをほっそり見せる。


Ron Herman
□BACK SLIT
100%cotton
size:XS, S

どんなボトムを合わせてももたつかないバックスリット入り
20,000円+税/ロンハーマン ほどよい肉感のあるリブ編みで、着用するとボディラインがキレイに出る。ゆとりのあるそでや肌あたりのよい素材が、黒ニットにほどよいリラックス感を演出。後ろに入った切り込みによって、抜け感も十分。


SLOANE
□VERY SMOOTH
100%wool
size:1, 2

上質なウールを編み上げたやわらかく保温性の高い1着
22,000円+税/SLOANE なめらかな肌ざわりが魅力のエクストラファインメリノウールを使用。フィットしすぎないほどよいテンションのリブ編みで、着心地のよさも保証済み。さらに、絶妙なカーブが首まわりをキレイに魅せてくれる。


anatelier
□THICK KNIT
86%wool, 12%nylon, 2%polyurethane
size:M

ジャケットのインナーにも適任のしっかりした生地
10,000円+税/アナトリエ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店) 体の線をひろいすぎずアームもすっきりしているため、オフィスにも着ていきやすい。リブに厚みがあり、無地でものっぺり見えないところも魅力的。背中にはパールのボタンつき。


BANANA REPUBLIC
□RIBBED CREW SWEATER
50%viscose rayon, 27%polyester, 23%nylon
size:S

ほっそりとしたシルエットが肌にキレイに沿う
9,990円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) コンパクトなシルエットかつ絶妙なリブ模様で、INでもOUTでも使いやすい。鎖骨が少し見えるカッティングにより、シンプルながら女性らしく洗練された印象。


emmi atelier
□HALF SLEEVE
100%cotton
size:F

長めの五分そでできゃしゃな腕をめざせる
9,200円+税/emmi atelier(エミ ニュウマン新宿店) 使用する農薬や肥料の厳格な基準を守り、大切に育てられたオーガニックコットンを使用。細かいリブのピッチが、ボディラインにしなやかにフィット。タイトすぎない絶妙なサイジング。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Keiko Watanabe(KIND) Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED