GISELe

2019/10/12

【ボーダー】今季らしさで差が出るカラーで選ぶ16選

GISELe編集部

「ボーダーだけでもいろいろと」



|気張らず強く着る|
くすんだ色のマルチカラー

存在感のあるマルチカラーボーダーは、あいまいな色みを含ませることで主張が和らぎ、ほどよいアクセント役に。定番色がベースとなった、品よくまとまるものだけをお届け。

トップスは1を着用。ネイビースカート 59,000円+税/ザストアバイシー(ザストアバイシー代官山店) 眼鏡 35,000円+税/propo(プロポデザイン) ソックス 1,900円+税/グレン クライド(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) パンプス 15,000+税/リーガル(リーガルコーポレーション) ボーダーの1色とスカートの色をリンクさせれば、カラフルなトップスも悪目立ちしない。


1.女度を上げる少量の濃いピンク

ネイビー×ピンクニット 35,000円+税/SAYAKA DAVIS(ショールーム セッション) 薄手のリブで上品に。


2.濃淡が異なる配色で奥行きを

オレンジ×ボルドー×グレー 19,000円+税/レイチェル アントノフ(RHC ロンハーマン) クラシックに導くネック&そで口のフリル。


3.ネイビーベースの知的な多色づかい

ネイビー×ピンクニット 23,000円+税/ラコステ(ラコステお客様センター) バックはこっくりとした緑がべース。


4.カーディガンならアレンジに対応

ネイビー×白×ボルドーカーディガン 39,000円+税/ルトロワ(八木通商) 厚みがないぶん、肩がけしてもかさばらない。


5.細いパープルラインで色香もON

白×紫×黒ニット 19,000円+税/ラコステライブ(ラコステお客様センター)


6.暖色系でリラックス

グレー×オレンジワンピース 25,000円+税/R JUBILEE(ショールーム セッション)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Aurore Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige