GISELe

2019/10/12

【ボーダー】今季らしさで差が出るカラーで選ぶ16選

GISELe編集部

「ボーダーだけでもいろいろと」



|ボトムを選ばない“甘さ”|
ゆとりを持った「やさしいキレイ色」

目を引くキレイな色も単色より白やベージュと合わさることで、やわらかく、ラフに着こなせるのもボーダーの魅力。ぶかっとしたシルエットならさらに力を抜き日常になじむ面持ちへ。

トップスは2を着用。パンツ 23,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) バッグ(10月中旬展開予定) 11,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) ブーツ 22,000円+税/ダニエラアンドジェマ 足元に色を足しカラーボーダーのインパクトをなごませるのも1つの手。


1.ニット素材で冬のマリンに

白×水色ニット 12,000円+税/MACPHEE(TOMORROWLAND) ふんわりとした質感が水色ボーダーを優雅に仕立てる。


2.攻めた配色もそでだけなら簡単

カラースリーブニット 46,000円+税/マイアミ(キーロ) 肌をやさしく包むモヘアニット。


3.ベージュが軸なら穏やか

ベージュ×オレンジニット 16,000円+税/MACPHEE(TOMORROWLAND) 肩部分にあしらったゴールドのボタンでクラシカルに。


4.ハイネックできちんと感もON

ピンク×オレンジ×カーキニット 36,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) エクストラファインメリノウールを採用した、微量なツヤ感が高見えに貢献。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Aurore Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige