GISELe

2019/10/13

脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべき

GISELe編集部

「ボーダーだけでもいろいろと」


|ねらった感なくセンシュアル|
「首元で隙をつくる」

いつもより開きぎみの首元を選び、カジュアルな柄でも女性らしい見た目へアップデート。肌感が強くても落ち着いて見える、黒や紺の暗色ボーダーだけに注目。

トップスは4を着用。デニム 15,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) イヤリング 14,000円+税/カリーヌ パリ(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店) バッグ 52,000円+税/スティーブ モノ(ロク 渋谷キャットストリート) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 四角い首元が普遍的なワンツーに女っぽくカッコよさをプラス。


1.前後とも鋭利なV

白×ネイビートップス 11,000円+税/ルミノア(ゲストリスト) ざっくりと開いたVネックは首を細く長く映す効果あり。


2.鎖骨が見えるボトルネック

白×ネイビーハイネックトップス 14,000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) 肩幅をごまかすドルマンスリーブ。


3.オフショルに近い横広型

黒×ベージュトップス 18,000円+税/ロンハーマン やや厚手の生地だから、ぴたっとしても肉感が出すぎない。


4.四角形でスマートに

白×ネイビートップス 12,000円+税/ルミノア(ゲストリスト) スクエアネックで辛口顔へシフト。


CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Aurore Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige