GISELe

2019/10/13

脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべき

GISELe編集部

「ボーダーだけでもいろいろと」


|暗色スタイルの力を抜く|
「白と黒」で小さく使う横じま

締め役と抜け役を同時にこなせて、小物やインナーで脇役にもなる白黒ボーダー。ダークトーンの服が多くなる秋からは、少量の白がのっぺり感を防ぐのにも好都合。

スカーフは4を着用。黒ワンピース 23,000円+税/ティッカ バッグ 59,000円+税/ダニエル&ボブ(ダニエル&ボブ ジャパン) ローファー 14,900円+税/A de Vivre 単調な黒の1枚系にはメリハリと知性を加えるボーダーのスカーフが便利。


1.晴雨兼用

傘 13,800円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) バンブーハンドルが柄の強さを緩和。


2.シンプルな靴にスパイスを

黒×白靴下 700円+税/靴下屋(タビオ) ラクなスニーカーもモノトーンボーダーできりっとした足元に。


3.微量のボーダーでリズムづけ

サイドボーダーバッグ(47×38.5×5) 8,500円+税/BORDERS at BALCONY ベロア地の黒でリッチな趣へ引き上げ。


4.結び方次第で縦じまにも

スカーフ(90×90) 30,000円+税/SLOANE シルク100%で首に巻いても心地よい。


5.無地の服を盛り上げる

タンクトップ 6,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) 繊細さを残す極細なリブ編み。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Aurore Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige