GISELe

2019/10/14

GISELeスタイリストが厳選! 着回しの軸になる3つのボトムス

GISELe編集部

「役割のある服」

この先スタイルづくりの軸になるものを、スタイリスト・樋口かほりさんと岩田槙子さんが厳しい視点でピックアップ。目新しい服を身近に寄せたり、定番スタイルを見違えさせたり。着たい服を受けとめる新たな相棒の使い方をシミュレーション!


BROWN KNIT SKIRT
すそに向けて広がるリブニットスカート

ラクなのにきちんと見えるリブニットスカートは、メンズライクな服とでも女性らしく仕上がるブラウンが便利です。やや身幅のあるAラインなら、体にフィットしすぎず、ブーツなどの重たい靴ともバランスがいい。(樋口さん)


1.DAY OFF

ぶかっと長いトップスを凹凸のあるブラウンでメリハリづけ

ブラウンニットスカート 13,000円+税/イエナ(メゾン イエナ) 白ロングTシャツ 19,000円+税、肩にかけたストール 79,000円+税/ともにATON(ATON AOYAMA) ソックス 1,500円+税/グレン クライド(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) サンダル 13,000円+税/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン) 黒だときつく見えがちなところ、ブラウンの穏やかな色みだから品よく引き締まる。


2.MEETING

スカートのフレアシルエットでリブニットどうしの膨張感を払拭

スカートは着まわし。キャメルトップス 36,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) 頭に巻いたスカーフ 18,000円+税/ア ピース オブ シック、バッグ 15,500円+税/宮本工芸(ともにカレンソロジー 新宿) ブーツ 26,000円+税/コルソ ローマ9(フレームワーク ルミネ新宿店) キャメル×ブラウンのグラデーション風で洗練度が加速。体のラインが強調されがちな上下リブニットも、Aラインスカートのすそのゆとりでシルエットをうまくごまかせる。


3.OUT DOOR

黒×濃厚ブラウンのクラシックな配色ならロックTさえもキレイに落ち着く

スカートは着まわし。黒ロゴTシャツ 2,900円+税/原宿シカゴ 神宮前店 肩にかけたニット 26,000円+税/FLORENT ショートブーツ 24,000円+税/ドクターマーチン(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン) ハードな黒Tを大人カジュアルに仕上げるには、ブラウンの気品のあるリラックス感が好都合。小物も黒で統一すれば、疲れないアイテムでシャープな見た目も獲得。


CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Kaori Higuchi, Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Ohgimoto Model_Sabina, Arina Design_Shogo Tamura(Ma-hGra)Composition&Text_Mika Shirahige