GISELe

2019/11/06

秋冬のレイヤードの「旬」がわかるコレクションSNAP8選

GISELe編集部

「デコルテから上に奥行きを」


5

FEEL FREE TO FRILL
「シックな色から小さくフリル」

正統なアウターやトップスの首&手元から、フリルを見せるルックを多数キャッチ。甘いディテールも小さい面積ならガーリーすぎず、ほどよい遊び心を演出できる。さらに、メタリックピアスを飾って強さを足すのも、よりよいバランスに仕上げるコツ。〈Shiatzy Chen〉かたくなな黒が一気に華やぐ、繊細な白レースをレイヤード。〈Givenchy〉女度の高いツイードジャケットにシャーリングブラウスをIN。フェミニンなアイテムどうしも、赤×黒だとハンサム。〈Chloe〉刺しゅう入りの凝ったブラウスに、ネイビーのニットをON。ともするとほっこり見えるニットとレースの重ね着に、ハードなゴールドを添えて辛口に。


6

KEEP WARM AND STYLISH
「ニットを巻きつけ“縦”を強調」

視線を上に誘導してスタイルUPをかなえてくれる、「巻くためのニット」も見のがせない。〈Tibi〉ニットの使いみちは「着る」だけにあらず。ネックラインやそで口のリブ編みのようにマフラーにはないディテールが、高感度なアクセントに。〈MARGARET HOWELL〉チョコレートカラーのシャツに、シナモン色のニットストールがかわいらしさをもたらす。


7

NO MORE “SLIDE DOWN”
「オーバーシャツは抜かずにつめる」

えりを抜いて着ることの多かったシャツも、その使い方に変化が。くずさずちゃんと着て、ボタンを上までとめたりニットをのぞかせたり。肌感を極力おさえてメンズライクに傾けるのが気分。〈JIL SANDER〉大きめシャツにタートルを合わせた重厚なシルエットも、アイスグレーだと軽やか。〈ISABEL MARANT〉風合い豊かなシャツから柄をのぞかせて、肌をおおったまま強弱づけ。


8

BE A GOOD GIRL
「白シャツ1枚でまじめになれる」

白シャツを効かせたスタイリングが印象的だった今シーズンのSportmax。クリーンな見た目のシャツに頼れば、装いを知的に引き上げることも簡単。[右]素肌をのぞかせればセンシュアルなVネックニットから、ハリのあるシャツをのぞかせて紳士っぽく転換。[中]シャツならではの凹凸感とクリアな発色が、ベージュ~白のニュアンスカラーにほどよい緊張感をメイク。[左]品のいいグレーのコート×きちんと着た白シャツの組み合わせなら、ボーイッシュなキャップも大人っぽくとり入れられる。
CREDIT: Cooperation_AFLO Design_Hazuki Kasai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa