GISELe

2019/11/09

スタンダードなのに「今っぽい」| GISELeスタイリストの着こなしテク12選

GISELe編集部

「いいとこ取り」のネタまとめ

新たなシーズンになり、着方やとり入れるアイテムの気分が変わる。そこで、GISELeの人気スタイリスト樋口かほりさん、岩田槙子さんに、奇をてらわず旬に導くテクニックを総力取材。定番アイテムでのアレンジ術や旬色をバランスよく着る手段など。明日役立つワザをまとめてご紹介。


確実性のある新しさ=見慣れた服で気分転換
ブラウンやぶかっとした形など、それだけで今を語れるものは主役級の存在感が。ならば、定番的なものの中で力まず鮮度を呼び込む方法を、シンプル好きの二人から調査。


デニムフリークな樋口さんが見極める
「デニムできちんと」の新バランス

1.「色はそろえてサイズでハズす」

ビッグサイズのニットと細身のデニム。極端なシルエットが、同系色で仕上げた品のよさに、モードな「ズレ」も生みます。(樋口さん)


2.「中に重ねて肌感を減らす」

ロンTや靴下を挟み、肌を隠すことでカジュアルさをおさえる効果が。派手色ニットもラフなものとならより着やすくなる。(樋口さん)


3.「足元はブーツに更新」

スニーカーとパンプスの中間的存在な短丈ブーツ。辛口な上品さでデニムを気張らず背筋の伸びた面持ちに。(樋口さん)


編集部:カジュアルでも「キレイめ」が今の気分だと思いますが、デニムをきちんと着る合わせ方で気になるものは?
樋口さん:上品に仕上がる「ワントーンでデニム」も、トップスをビッグサイズ(1)にするだけで鮮度が上がる。あとレイヤードで抜け感をおさえた着方(2)も、これからの季節的に注目しています。
編集部:軽快なデニムルックは何から秋にシフトしていくといいですか?
樋口さん:足元をブーツに変える(3)が暑苦しすぎず、白T×デニムがまた新しく見える。 定番だけど、ストールをはおるだけでも、しなやかで女性らしい印象に。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige