GISELe

2019/11/14

コスメフリーク8人がオススメする「テーマ別愛用品」24選

GISELe編集部

「なくなる前に買ってるコスメ」

試しきれないほど膨大なコスメがあふれる中で、「価値ある1つ」にたどりつきたいなら美の経験値が高い人たちがリピートし続ける、コスメを知るのが近道。なくなったら困る名品として選ばれたアイテムを、愛用者の声とともにリストアップ。


テーマに沿って選ぶなら?
それぞれのお題に合うアイテムを、コスメフリークな8名が愛用品の中からプレゼン。秋冬に着たい服やありがちな悩みから連想した、“あの人”のセレクトとは?


Theme:「旬のブラウンに色香を宿すアイメイク」
Selected by:TOMOKO OKADA

ブラウンやキャメルなど、渋くてあたたかみのあるカラーの服が気になる今季。華やかさと女っぽさを足し算できるアイカラーを、ヘア&メイク・岡田さんがリコメンド。

1.「目を引くオレンジのツヤ」

ルナソル グラムウィンク 01 3,200円+税/カネボウ化粧品 「オイルベース処方のツヤっぽいオレンジ色がなんだか気になる。セクシーな印象の目元に仕上がります」


2.「モードに転ぶキラキラ」

シークインクラッシュ 4 4,200円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ 「軽くインパクトを持たせたいときにとてもオススメ。ブラウンのグリッターだから品もいい」


3.「ぼやんとしたオレンジが新鮮」

インラプチュア ラッシュ 04 3,800円+税/セルヴォーク 「ぼんやりとしたオレンジの色みで、色素の薄いまつげを演出できる。それだけで、いつもと気分が変わるはず」(岡田さん)



Theme:「カジュアルなフーディに差したい赤」
Selected by:MIHO HIRAI

秋になると登場回数が増えるスエットやカットソー。肩の力を抜ける服にもマッチし、女っぽさや緊張感を補える赤リップを、リップアディクトな平井さんがご紹介。

1.「ほめられ率の高いリップ」

リップスティック 2962 3,300円+税/NARS JAPAN 「この色をつけていると、必ずまわりからほめられる。シンプルな服と合わせるだけでキマる発色がお気に入り」


2.「きつすぎない絶妙な色」

リップスティック シアー 002 2,800円+税/アディクション ビューティ 「じゅわっとしたツヤ感があって、きつい印象にならずにつけられる。色みがすごく好み」


3.「色落ちしづらいマットな赤」

ヴェロア エクストリーム マット リップスティック 18 3,100円+税/ローラ メルシエ ジャパン 「スティックタイプなので、はみ出さずキレイに塗れるところもうれしい」(平井さん)



Theme:「ふんわりニットから見せる肌づくり」
Selected by:SHIHO TAKECHI

乾燥が気になる季節ももうすぐ。毎日のボディケアを欠かさないという、モデル・武智さんのオススメは? たっぷりと使える容量もセレクトの条件。

1.「いやされながらモチ肌へ」

ポール・シェリー シルエット リラクシング バスオイル 150mL 7,000円+税/ピー・エスインターナショナル 「香りも大好きで、お風呂に入れるととてもリラックスできる」


2.「伸びもいいしベタつかない」

セタフィル® モイスチャライジングクリーム 566g 1,686円+税(編集部調べ)/ザ・プロアクティブカンパニー 「ベタつかないので快適。リーズナブルなのでケチらず使える」


3.「全身にバシャバシャ使える」

ナチュリエ ハトムギ化粧水 500mL 650円+税/イミュ 「大容量で気兼ねなく使える。お風呂上がり、全身に塗ることを続けて7年ほど。もちもち肌をほめてもらえるほどに!」(武智さん)



Theme:「季節感がきわだつニュアンスカラー」
Selected by:MAI

くすみ色のコスメを組み合わせてつくる、ニュアンスメイクが定番のマイさん。秋はじめに使いたい、コクのあるカラーアイテムを見せてくれました。

1.「ひと塗りで目元にツヤ感」

ザ アイシャドウ 031 2,000円+税/アディクション ビューティ 「パウダー状なのに、パサついて見えない質感がポイント。細かいラメ感で、目元にツヤがかないます」


2.「軽すぎないベージュ」

リップスティック トープ 3,000円+税/M・A・C 「フランス語でモグラを意味する“トープ”という色。軽すぎず重すぎないベージュが、あか抜けた表情に仕上げてくれる」


3.「肌なじみのよいバーガンディ」

マットマスカラ N 04 3,500円+税/RMK Division 「一見はっきりとした色ながら、塗ってみると肌になじむ。黒よりもやさしく、ブラウンより大人な感じでちょうどいい」(マイさん)



Theme:「自分をねぎらいたい日に使うもの」
Selected by:ATSUKO FUKUMOTO

オーガニックコスメの魅力を発信している福本さん。今本当にすすめたい、身も心も満たしてくれる「癒やし」のアイテムは?

1.「女性ならではの不調が整う」

コスメキッチン エルボリステリア ティザンヌ チェストベリー 2,600円+税/コスメキッチン 「ストレス緩和に効果的なハーブ。飲んでいると、生理が穏やかに始まる気がする」


2.「玄米の香りにも癒やされる」

玄米カイロ おなか用 4,800円+税/masyome 「おなかや背中をあたためたいときに最適。ベッドやソファーでくつろぐときに使っています」


3.「とにかくリラックスできる香り」

ザ パブリック オーガニック 精油ディフューザー クリアアウェイク 180mL 15,000円+税/カラーズ 「心地いい目覚めへと導くディフューザー。落ちつく香りで深く眠れます」(福本さん)



Theme:「ありそうでない絶妙ネイルカラー」
Selected by:AOI NAGASAWA

ネイルをたくさん集めている、ヘアメイク・長澤さんに今の気分を聞き込み。主張しすぎず、秋の装いにしっくりなじむ3色を提案してくれました。

1.「大人っぽいくすみブラウン」

ヴェルニ ロング トゥニュ 505 3,200円+税/シャネル 「モーヴとブラウンが混ざったような大人っぽいブラウン。女性らしい洋服に、このくすんだカラーが似合いそう」


2.「ほっこり見えないベージュ」

インフィニットシャイン ネイルラッカー IS L21 2,200円+税/O・P・I 「ベージュとクリーム色をほんの少しくすませたような、主張しすぎずなじみすぎない絶妙な色みです」


3.「透け感のある深いブルー」

カラーベースコート ゼロ フォーコレット 2,800円+税/uka Tokyo head office 「1度塗りだと爪が透けるクリアな色。4度重ねるとしっかりと青が発色し、これもまたかわいい」(長澤さん)



Theme:「敏感な肌をいたわるスキンケア」
Selected by:KUNIKO NEMOTO

ナチュラルコスメにもこだわりを持ち、常にアンテナを張っている根本さん。季節が移り変わって肌がゆらぎやすい今、個人的にしっくりくるものは?

1.「化粧水の浸透が変わる」

コンセントレートオイル 30mL 12,000円+税/セルヴォーク 「ブースターとして使うと、化粧水が驚くほど浸透。少し値段がはりますが、代わるものは見つかりません!」


2.「ハニーの甘い香りにも虜」

Antipodes マヌカハニー ライトディクリーム 60mL 6,200円+税/コスメキッチン 「NZ発のコスメ。ハチ毒成分が入っているからか、毛穴が目立たなくなった気が」


3.「クレンジングで栄養補給」

マルティナ ローズクレンジングミルク 150mL 4,000円+税/コスメキッチン 「クレンジング&マッサージにより健やかな肌に。好きすぎて、全種を網羅すべくリピート中」(根本さん)



Theme:「ナチュラルな装いが華やぐツヤ」
Selected by:KAZUHO ISHIDA

白やベージュなど、やわらかい雰囲気のコーディネートが多い石田さん。ナチュラルトーンの服を着る日も、表情を明るく見せられるお助けコスメは?

1.「夕方の疲れ顔も一掃」

シマリング グロー デュオ 01 4,500円+税/THREE 「夕方になってくすみが気になる肌に軽くのせるだけで、パッとスキントーンが明るくなる。健康的な肌感に整います」


2.「肌がツヤツヤになる」

ナチュラグラッセ スキントリートメント ファンデーション NO2 SPF25 PA+++ 4,000円+税/ネイチャーズウェイ 「肌にやさしく、保湿力もしっかりある」


3.「赤みを帯びたブラウン」

B.A カラーズ リップグロス CB 4,200円+税/ポーラ 「ベタつきにくく、うるおいが長時間持続する優秀グロス。深みのあるブラウンで使いやすいです」(石田さん)
CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa