GISELe

2019/12/01

白と黒の「小物」を買うべきなのは、ニットが主役になる今!

GISELe編集部

「映える白&端正な黒」


04.白も黒も「丸み」を持たせて凝った形

モードに引き上げる変型小物も、曲線的なラインを持つ、しなやかなひとクセフォルムが、今季のキレイめな装いと好相性。白と黒の無表情な色で、特徴のある形もクールにとどまる。


1.白ストラップつきフラップバッグ(34.5×40×20) 27,778円+税/COS(COS 銀座店) ビッグサイジングで日常づかいにも便利。



2.黒レザークラッチバッグ(12×25×2) 54,000円+税/BUILDING BLOCK(エスケーパーズ) ウッドの球体でタフな黒をマイルドに。



3.トゥ切り替えショートブーツ(5.5) 8,900円+税/RANDA 凹凸のあるヒールがメリハリづけにも作用。



4.レザーマチなしバッグ(20×18×7) 39,000円+税/MARROW(4K) ハード素材の黒も、カーヴィーな形で甘い服ともバランス良好。



5.ショルダーつきサークルバッグ(18×18×3) 28,000円+税/ボルシージョ(フラッパーズ) 持ち手の三角をたたんでクラッチとしても活躍。



6.アコーディオンしぼりバッグ(19.5×19×19) 11,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) 底周辺はふっくらとクッション性のある生地感。



7.レザータックバッグ(33×31×14) 27,000円+税/デ・プレ 波打つ開け口がモダンな印象へシフト。



8.シューズ(4) 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) はき口のギャザーが適度にガーリー。



ALL白でまとめて、特徴的な黒バッグをシンプルの中での遊び心に。角のない形だからモノトーンの装いもキツくなりすぎない。



半円のクラッチバッグが、見慣れた黒ニット×デニムの合わせを都会的なルックスへ。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Design_Yuumi Arai (Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige