GISELe

2019/12/01

白と黒の「小物」を買うべきなのは、ニットが主役になる今!

GISELe編集部

「映える白&端正な黒」


07.大人の遊び心は「黒レザー」とともに

ロゴ入りやハート柄など、デコラティブな小物で無地の服の感度もぐっと上昇。ハズしになるデザインも、黒×レザー素材のシックなディテールがあれば、キレイめなスタイルにも浮かない。

1.ストラップつきレザークラッチバッグ(13×24.5) 9,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) 持ち手のロゴで、まじめな黒も親しみやすく。 2.クロスベルトシューズ(1.5) 53,000円+税/TOGA PULLA(MIDWEST) ゴツいバックルが即座にモードへと引き上げ。 3.ハート柄シースルーバッグ(19.5×22) 37,000円+税/ラドロー(ロンハーマン) 黒で冷静さを保つ、オーガンジー素材&ハート柄の甘い組み合わせ。


08.顔まわりも「強い黒」でキレよく

陶器やレザー生地など、かたい素材のアクセサリーは無地の黒でスマートなカッコよさにアップデート。ビッグシルエットのトップスでも凜とした女性像を演出できる、顔まわりの飾りをセレクト。

1.ヘアゴム 25,000円+税/アレクサンドル ドゥ パリ(アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店) リボンがレザー地でタフなLADYへ刷新。 2.ピアス 9,800円+税/レヴェンス(RHC ロンハーマン) キャッチーなモチーフも黒の陶器でノーブルに。 3.レザー2連フープピアス 5,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ハードな素材のおかげで、大ぶりなサイズも締まって見える。

ジャケット×フリンジピアスの、真逆のテイストMIX。レザーのマットな質感が端正な服ともうまくなじむポイントに。


09.「甘さ」は白黒一緒に使う

白と黒の辛口配色を活用して、チェック柄やパールつきなどレトロガーリーなデザインに気負わず挑戦。しなやかな風合いを選ぶと、さらに力が抜け、大人の余裕をかもし出すことも可能。

1.ハーフドットスカーフ(52×52) 5,900円+税/Le Vernis(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 白ベースで清楚なムードに着地。 2.チェック巾着バッグ(21.5×25.5×16) 8,800円+税/ツイードミル(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店) ウール地で品格がUP。 3.黒パールストラップミュール(1.5) 29,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 足元だけで淑女にいざなうハラコ×パール。4.チェックワンハンドルバッグ(22.5×23×13) 5,400円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店) 長財布がちょうど収まるぐらいの絶妙なミニサイズ。

ヒールにパールがついた靴で、後ろ姿もぬかりなく。モノトーンで統一したことで、「地味に華やぐ」スタイリングが完成。
CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Design_Yuumi Arai (Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige