GISELe

2019/12/03

黒だからできる「ニットまわりの大胆なスタイリング」6選

GISELe編集部

黒ニット「あの手この手の飾り方」

スタイルに壁をつくらない黒とミーハー心の組み合わせは毎年、秋冬の恒例行事。汎用性の高い2つの黒ニットを飾るにふさわしいワードローブで、これからのスタイリングをシミュレーション!


DECORATION
「腰から上」の飾りが生きる
重ねたり巻いたり小物で盛ってみたり。ニットまわりの大胆で自由な飾りでスタイリングの冒険が楽しめるのも、ハズさない黒だからこその醍醐味。

「アクセなしで顔まわりに華やぎを」

レースを首元からチラ見せしつつ、厚手の赤カーデをポイントづかい。ドレスアップが図れるトリプルレイヤードも黒のおかげでエレガント。

黒クルーネックニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ブラウス 15,000円+税/BANNER BARRETT 赤あぜ編みカーディガン 30,000円+税/カレンソロジー 新宿 デニムパンツ 19,000円+税/LEVIS VINTAGE CLOTHING(フレームワーク ルミネ新宿店) 合わせたアイテムが女らしいぶん、これをタイトなリブでやるといささか直球。クルーネックのゆったりとしたサイズやソフトな質感となら、適度な抜けが出て、がんばっている感を払拭。

「黒に似合うダークな赤」

赤あぜ編みカーディガン 30,000円+税/カレンソロジー 新宿 安心感のある肉厚&ロング丈も前後に開いたVネックならすっきり。


「シンプルな黒一色に奥行きを」

ほっそりとしたリブに、クルーネックを重ねてデザインのようにアレンジ。質感によるわずかな違いで、差のつくニット姿へとレベルアップ。

黒クルーネックニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒タートルネックニット 24,000円+税/BATONER ピンクサテンギャザーパンツ 21,000円+税/ノット(デ・プレ) ピアス 7,500円+税/フルタ(アーバンリサーチ プレスルーム) トップスがきわ立つようキュッとまとめた顔まわりに、服の配色を合わせたピアスをトッピングして小物にも統一感を。

BLACK MOHAIR KNIT
「都合のいいゆとりと高まる質感」

黒クルーネックニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 重ね着しやすい丸みとユニセックスなサイズ感。アルパカのふんわりとしたリッチな風合いで、ラフさをセーブ。

BLACK TURTLENECK KNIT
「品のいいTシャツ的な存在」

黒タートルネックニット 24,000円+税/BATONER ぴったりしすぎず、インにも着やすい長め丈。折り返さなくてもいいやや短め&ゆるめの首元で、組み合わせの幅が広がる。


「ニット感をあえて隠す?」

タートルの上からとろみブラウスを重ねてニットのイメージを塗りかえ。シャープさは残しながら、ラフなぬくもりだけをほどよくカット。

黒タートルネックニット 24,000円+税/BATONER ブラウス 15,000円+税/BANNER BARRETT グレータックパンツ 23,000円+税/ENFOLD この時期1枚だとややもの足りなさを感じるブラウスは、肌感をおさえるひと手間で、季節感を伴う装いへと変貌。密着度の高い薄手ニットなら、インナーづかいしてももたつきナシ。

「重ね着にも向く首元フリルの白」

ブラウス 15,000円+税/BANNER BARRETT やわらか素材のひかえめな立ち上がり。そでの内側にはスリットのような開きが。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Model_Katya Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi