GISELe

2020/01/31

ニットスタイルに特別感が出る「ヘア&メイク」のドレスアップ3選

GISELe編集部

「特別な冬の日に」

楽しい行事が多いこれからの時期は、身につけるものにだってアガリどころが欲しい。服と同様、見た目の印象を大きく左右するメイクにも着目を。たとえばいつものメイクの仕上げにもうひと声、ラメやツヤをプラス。ジュエリーとはまた違う繊細な輝きをまとった顔まわりのドレスアップで、誰かに会うのが楽しみになる付加価値を。


LIP

ニット姿に色気を宿すきらめきとツヤのベール
色をのせるだけで終わらせず、透明感のあるラメやパール入りのグロスを重ねてひと工夫。印象的な口元に仕上げることで、シンプルなニットを女らしく。唇の形に合わせて全体に塗ったあと、中央に重ねづけすれば立体感もアップ。

グレーファーニット 40,000円+税/BATONER


A.ダズルガラス デイト ナイト 2,600円+税/M・A・C ほんのり色づくモーヴカラー。 B.リップグロス ピュア パーティタッチ 103(限定発売) 2,500円+税/アディクション ビューティ 上品にきらめくゴールドのラメ入り。 C.ハイ シマー リップ グロス 02 3,400円+税/ボビイ ブラウン ぷるんと軽やかでみずみずしい唇に。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND)Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Viktoriia Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra)Cooperation_Balko Laundry Place Composition&Text_Miyuki Kikuchi