GISELe

2020/02/05

ファッション目線で考えた「メイクのグッドバランス」6選

GISELe編集部

CLOSE TO IDEAL


05_NUANCE BLACK
「黒の延長線にある色」
彩度を落とした深い色で刷新する

目元になじみやすいけど黒ではない深いグリーンを目尻ラインとして。さらに、インサイドにはゴールドのアイライナーがキラリ。相反するカラーの新しい関係性を発見。


ベージュニット 29,000円+税/RHC(ロンハーマン) グリーンサテンパンツ 15,000円+税/パブリックトウキョウ(パブリックトウキョウ 渋谷店)


<ADVICE>
「メイクに遊びを効かせたぶん、服はベーシックを追求。シンプルなシルエットのワンツーコーデこそ、目を引く素材感や仕立てのよさが光るチョイスを」(スタイリスト・高木千智さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「あいまい色ニットに甘えて計算ずくのプレイフル」

a.ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8200 3,000円+税 モードさを漂わせるスモーキーグリーン。b.同 8224 3,000円+税 白目をクリアに見せるイエローゴールド。2色のかけ合わせでプレイフルに。/ともにNARS JAPAN c.コンスピキュアス チークス 09 6,800円+税(1月22日発売)/Amplitude イエローオレンジのヘルシーなチークに、ゴールドのハイライトをオン。フレッシュなツヤ肌に。d.ディグニファイド リップス EX 06(限定) 3,200円+税/セルヴォーク 絶妙なナマっぽさを生むイノセントコーラル。


<CLOSE-UP>


<HOW TO>
チークは顔のまん中寄りに塗ることでミニマルなつくりにする効果が。c-1をブラシにとり、小鼻と同じ高さの両ほおにオン。さらにc-21の半分ほどに塗り重ねるよう、目の下にぼかして。目元はbで隙間を埋めるようにインサイドを引いたら、目を開けたままaを上まぶたの目尻につなぐよう真横に引く。リップはdを輪郭よりややオーバーぎみに塗ってメリハリをつけて。

CREDIT: Photography_Saki Omi(io・model), Koichi Sakata(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY)Styling_Chisato Takagi Model_Viktoryia Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Aki Sato(P152−156, 158−159) Composition_Wakana Akiya