GISELe

2020/02/08

スタイリストが証言する「グレーの服があるといい」理由

GISELe編集部

「グレーが入ってしまうとき」


SLACKS
ONにもOFFにも使用可能

G「キレイ色も“すぎない甘さ”に」

淡色を黒やデニムで締めるのではなく、あえてあいまいな色と合わせるのが好きです。やさしい配色でも甘さひかえめなのは、落ち着きのあるグレーだから。(石関さん)


H「知的だけでなくカジュアルにも」

ONのイメージが強いグレーパンツも、合わせる色やアイテムによってカジュアルに転ばせることも簡単。写真は同じボトムですが、靴が違うだけで印象が変わる。(岩田さん)


I「モノトーンに奥行きが生まれる」

グレーのプレスパンツを黒ワンピからちら見せしたコーディネート。黒いパンツではなくあせた色みをとり入れたことで、モノトーンがよりシャレて見える。(石関さん)


HEAVY KNIT
大人のカジュアルにちょうどいい

J「黒との相性がいいから好き」

黒ボトムに白やはっきりした色のニットを合わせるのは、コントラストが強くて難しいことも。黒になじむグレーなら簡単なうえ、ハンサムに見えてオススメ。(高木さん)


K「レディなボトムの糖度を下げる」

BIGニットがこのコーデのテーマだったのですが、白スカートがガーリーな雰囲気なので、メンズライクな色合わせがいいなと思ってグレーをチョイス。(樋口さん)


L「ケーブルニットにも女らしさが薫る」

白だとほっこり感が漂いがちなケーブルニットも、グレーを選べば洗練された印象に。美人度の高いグレーだから、キレイめなテーパードパンツとも好相性。(出口さん)

CREDIT: Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa