GISELe

2020/02/08

スタイリストが証言する「グレーの服があるといい」理由

GISELe編集部

「グレーが入ってしまうとき」


WARM SKIRT & DRESS
心地いいまま気品がかなう

M「グレー×ヘリンボーンだとより上品」

手軽に品を演出できる、ツイードやヘリンボーンのスカートもよく使う。ボリュームや重厚感があるぶん、黒より軽やかに見せられるグレー系が重宝します。(石関さん)


N「気負わずに試せるありがたい色」

ベージュほど甘くはない、品がいいけど気張っていない感じがグレーのよさだと思います。女らしいAラインのスカートも、グレーだとひかえめ&知的。(渡邉さん)


O「ゆるいワンピもほっこりしない」

リラックスできるニットワンピに、黒がちなグレーが強さと洗練度を加算してくれる。パンプスやファーバッグなど、ドレッシーな小物も合わせやすいです。(岩田さん)


STOLE & MUFFLER
バランサーの役目をはたす

P「旬のボリューム感も重く見えづらい」

マフラーをぐるぐる巻きにして、ボリューミィなハイネック風にアレンジした着こなし。これで黒だと重いけれど、やさしい色みのグレーなら軽やかな仕上がり。(渡邉さん)


Q「上品なカラーバランスを整える」

ネイビー、オフ白、キャメルと、全体的に上品なカラーを使っていたので、もう1色グレーを足し算。ネイビーのニットにも、浮かずになじんでちょうどいい。(樋口さん)


R「巻くだけで完成度が上がる」

もふもふとした表情が愛らしいマフラーも、グレーなら都会的に使える。ゆったりとしたニットワンピに、巻きつけるだけでまじめっぽさが出せるので便利。(出口さん)
CREDIT: Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa