GISELe

2020/02/11

【ブームの予感】気軽に使えてセンスUPできる「ななめがけバッグ」24選

GISELe編集部

ラクして整う「ななめがけ」


SELECT POINT

□MATERIAL
「レザーなどのリッチな質感」
レザーやスエードといった端正な素材を選び、気どらない持ち方でも、堅実さはキープ。

□SILHOUETTE
「まじめぶれる“ほぼ”四角形」
くたっとした質感もシャープに寄せる、角のあるフォルム。キリッとした雰囲気に直結。

□COLOR
「高貴さをまとったシックな色み」
黒やブラウンはもちろん、カラーアイテムも落ち着きを意識して「ハズしすぎ」を回避。

□PATTERN
「柄は締まって見える辛口タイプを」
アクセントになる柄も、選びによっては幼く見えかねない。スマートな見た目を重要視。

□SIZE
「小さめならなじみやすい」
大きいとややカジュアルに傾きがち。大人っぽく振りたいなら、ひかえめなサイズ感がベター。



TOPKAPI
「女性らしい曲線を描くボストンタイプ」

黒ボストンバッグ(17×24×12.5) 36,000円+税/TOPKAPI(クリケット) カジュアルな装いにも合わせやすく、キズも目立ちにくい、シボ風の型押し。


LE VERNIS
「クラシカルなトランクデザイン」

赤茶トランクボックスショルダーバッグ(14×20×8) 15,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) キャッチーな形で、まじめさの中にほんのり遊びゴコロを。


VASIC
「清潔感漂う高発色なキレイめブルー」

水色スクエアバッグ(16×18×6.5) 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 厚みのあるリッチなレザーとアイコニックなフロントのデザインが印象的。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi