GISELe

2020/02/17

注目のブラウン・ベージュと定番カラーでかなうスタイル8選

GISELe編集部

「4色の中で目的がまわる」

「すべてを含む色」といわれる黒と白に迫る勢いで、今季注目されたブラウンとベージュ。ワードローブに今あるこの4色を集めて、目的に沿ったスタイリングを再構築。かわいいだけに終わらない、「どう見られたいか」を意識した印象操作も、万能な4色がかなえてくれる。


NEED 4 COLORS
「落ち着きのあるカラーブロック」

「少ない色数=大人っぽい」もくつがえせる、知性を感じさせる4色づかい。シャツやタートルなど、ごくベーシックなアイテムも配色次第で奥深いルックスに。

濃厚な配色を重く見せない「少量の白」の効能



ショートブーツ 20,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ブラウンタートルネックリブニット 11,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 白シャツ 45,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) レザーバッグ 25,000円+税/DECKE(アイクエスト ショールーム) カットオフチノパンツ 22,000円+税/ビルズ カーキ(メイデン・カンパニー) 黒チェスターコート 18,000円+税/Ungrid ブラウンタートルとベージュのチノパンに、黒のロングコート。そんな重厚感のある色に不可欠なのは、切れ味のいい白シャツ。レザーでそろえたバッグとブーツも、穏やかな茶系にすることで絶妙なアクセントとして作用。


VOLUME CONTROL
「やさしい色を強く着る」

もこもこのボアとツヤめくレザーをかけ合わせた異素材で遊ぶメリハリ感。ボリュームコートと細身のパンツでシルエットにも抑揚が生まれ、おさえた色づかいでも存在感を十分に発揮できる。

「小さな黒」で支えることでソフトなコートもさらにたやすい

黒ハイネックリブニット 16,000円+税/THIRD MAGAZINE 黒レザーショートブーツ 18,900円+税/A de Vivre ブラウンレザーレギンスパンツ 39,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) 白ボアロングコート 30,000円+税/AKTE チェーンつき黒ショルダーバッグ 51,000円+税/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス) のぞかせたタートルにバッグにブーツ。黒を分散させることで、白とブラウンにありがちなほっこり感を抑制。レザーパンツとブーツをつなぎ、ボアコートにタートルネックを仕込んだ隙のなさが、「オシャレな防寒」に直結。


KNIT & SATIN
「退屈しないシンプル」

特別感のあるグロウなロングドレスも、ざっくりニットを重ねることで使いみちの幅が拡大。色みもフォルムもゆるみがちな組み合わせには、なじみつつも活を入れるレオパード柄を足元に投入。

クリーンなハットがわずかな緊張感として作用

アイボリーニット 13,000円+税/AKTE ベージュサテンドレス 37,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa レオパード柄バックストラップパンプス 20,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa アイボリーハット 5,000円+税/Ungrid 限りなく白に近いニットとドレス。そんなニュアンスカラーのじゃまをせず、わずかに引き締め力を発揮する白ハットが貢献。足元に効かせたレオパード柄も、やさしい茶系なら、淡い配色にもすんなりなじんで好バランス。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Alisa  Cooperation_SHIBUYA TOBU HOTEL  Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra)  Composition&Text_Chiharu Ando