GISELe

2020/02/29

「黒のウールコート」の着まわし8選|アレンジ自在のまとめる力をチェック

GISELe編集部

Greatest Of All Time

ぬくもりに満ちたレイヤードも、モードに寄せたスタイリングも。どんな組み合わせもきっちり「まとめあげる」。頼れる黒のウールコートを軸に、あらゆるテイストにトライしながらシーズン最後に買い足したいアイテムをリサーチ。


▼Pick up
WOOL CASHMERE COAT
「黒のウールカシミヤコート」
肩部分に切り替えがないぶん、肩まわりが体に寄り添い女性らしいシルエットに。とろみのある素材感が優雅なムードを加速させる。

黒ウールカシミヤコート 39,000円+税/SNIDEL(SNIDEL ルミネ新宿2店)


RELAX / ラクしてきちんと見せられる

Key item >> LOOSE KNIT / WOOL FLARE SKIRT
「ルーズなシルエットが導く“落ち着き”」
着こなしの穏やかさは“重心の低さ”に宿る。そのバランスをキープしながら、ラフ感だけをコートが引き締める。品と気楽さがとけ合うスタイルは好感度も高め。

黒コートは着まわし。アイボリーニット 6,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 白フレアスカート 26,000円+税/Bed&Breakfast(Greed International Fukuoka Store) 眼鏡 22,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) グリーンストール 3,500円+税/SHAGADELIC ソックス 1,600円+税/タビオ(タビオ) シューズ 8,980円+税/STYLE MIXER(バロックジャパンリミテッド) ニットとスカートは質感と色のニュアンスをそろえて。


SPORTY / ふまじめさすら大人に転ぶ

Key item >> Anorak parka / Line Skirt
「クラス感のある新感覚スポーティ」
たとえばアノラックパーカ、ライン入りフレアスカート。旬のスポーティもコートのほどよい重厚感が都合よく作用。シャレ感のある大人の遊び心として着地。

黒コートは着まわし。アイボリーアノラック 37,000円+税/nagonstans グリーンリブタートルトップス 3,900円+税/SHAGADELIC 黒スカート 20,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ボディバッグ 20,000円+税/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) スニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) ライン入りのボトムが、パンツではなくボリュームスカートであることもポイント。今季らしい空気感がより高まる。


MODE / ちょうどいいモード感がかなう

Key item >> Dress shirt / Leather pants
「すべてモノトーンの中だけで」
全身を定番の黒白で限定、モード感を出すのはアイテムのフォルムのおもしろさ。色で落ち着きを出せるぶん、スタイリングでエッジを楽しめるという算段。

黒コートは着まわし。黒リブトップス 6,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 黒ボリュームスリーブシャツ 29,000円+税/kei shirahata(styling/ 新宿ルミネ1店) 白レザーパンツ 10,800円+税/Sea Room lynn サングラス 34,000円+税/PRADA(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 19,000円+税/Ampersand ブーツ 29,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa レザーのハーフパンツを細身のロングブーツで“つなぐ”スタイリングに注目を。


SWEET / 品よく甘くもお手の物

Key item >> PINK DENIM PANTS
「黒にやさしく寄り添う“くすみピンク”」
黒と絡みながら甘さを出せるこのピンクは、とくにボトムでとり入れるのが◎。顔まわりにコントラストが出ないことで、全体がやわらかい印象に仕上がる。

黒コートは着まわし。タートルニット 6,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) ピンクパンツ 9,800円+税/Sea Room lynn イヤリング〈右耳〉 19,000円+税、〈左耳〉19,000円+税/ともにLana Swans(ススプレス) ソックス 1,600円+税/タビオ(タビオ) バッグ 6,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) パンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa トップスにはくすみピンクとも黒ともなじむ色がベター。ここではモカブラウンをセレクト。

CREDIT: Photography_Yusuke Raika(aosora・model),Yuki Ueda(still) Styling_Makiko Iwata Model_KIM Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Urara Takahashi