GISELe

2020/03/07

業界ファン多数! スタイリスト・樋口かほりさんの「今日から使える」コーディネート

GISELe編集部

「コーディネートの考え方」

毎号の表紙や特集をはじめ、GISELeの核となる樋口さんのスタイリングは、毎号の反響の大きさに加え、プレスなど業界にもファンが多数。その理由は、“自分が着るなら?”というリアルな視点と、“難しく考えすぎない”スタンス。「リアルを重視するプロ」という立場から発信される、樋口さんならではの発想は、今日から使えるアイディアに満ちている。


コート 80,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ニット 8,900円+税/whideout(. UTS PR) 中に着たTシャツ 4,900円+税/アップサイクル(メイデン・カンパニー)黒パンツ 32,000円+税/styling(/ styling 新宿ルミネ1店) サングラス 25,000円+税/LAVID バッグ 58,000円+税/MARROW(4K) ブーツ 18,900円+税/A de Vivre


KAORI’S METHOD
「コーディネートを組む以前に」

もはや無意識にとり入れていることや、あらためて大切にしたいことなど。今の時期に基づいた、樋口さんのスタイリングセオリーとは?

<PROLOGUE>
□「冬は肌がほぼおおわれている。言いかえると、服でほぼ決まってしまう」
だから冬服は着ている人の印象と直結しがち。夏以上に素材の選択肢も多いので、そのぶん印象も広がるはず。

□「黒が万能とは限らない」
頼れる色なので、「とりあえず黒なら失敗しない」と思い込みがち。可能性を狭める前に疑うことも必要。

□「流行との距離感は、つかず離れず」
新しさ=気分転換になるものの、「トレンド」という響きに気疲れすることも正直ある。「さりげなく」とり入れるぐらいのマイナーチェンジがちょうどいい。

□「寒い日こそオシャレする」
1日の気分は服で決まるといってもいい。寒い日、雨の日、多忙な日…気分が下がる日こそ服の力を借りたいところ。

□「ヘアメイクもコーディネートの一部」
撮影現場で、あるヘアメイクさんに言われた「この靴に似合うヘアスタイルは…」という何げないひと言。服ではなく「靴」。頭から足先までがスタイリングであることをあらためて実感したでき事。

□「今の姿を1年後に見てどう思うか」
結果シンプルなスタイリングに落ち着くことが多いのは、「変わらないよさ」に惹かれるから。理由のない変化は不要。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoriia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando