GISELe

2020/03/07

業界ファン多数! スタイリスト・樋口かほりさんの「今日から使える」コーディネート

GISELe編集部

「コーディネートの考え方」


COLOR IS THE ANSWER
(色が持つプラスのイメージを組み込むように)

落ち着いた人、明るい人、クールな人…。「人の印象は、着ている服のデザインよりも、色で左右されることが多い」という樋口さん。ニットなど、主張のない日常着ならなおさら。「こう見られたい」を理由に手にとる色でつくる、6つのスタイリングを検証。

DUSTY PINK
「黒好きが着ると得するピンク」
「黒など、“無難な色をよく着る人”に向けて。典型的なかわいい色で、アイテム自体は気張らない。そのわずかなギャップが、見る人にも自分にも新鮮味をもたらすはず。」


ラフなチノパンで淡いピンクとの距離が縮まる
ベビーピンクニットプルオーバー 12,000円+税/AKTE 白カットオフチノパンツ 19,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) サングラス 32,000円+税/BLANC ストール 4,800円+税/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) パンプス(2月発売予定) 22,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa シンプルなニットなど、飾り気のないくすんだピンクなら甘すぎない。


SIMPLE MONOTONE
「リセット力のあるモノトーン」
「着たい服がわからなくなったとき。色もデザインも抑制することで、新たに着たい服が見えてくる。迷いがバレずにさまになってしまうのも、シックな黒と白だから。」

シンプルな黒と白を同じ比率で組み合わせただけの明快さ
黒ジャケット 86,000円+税/バレナ(カレンソロジー 新宿) 黒シャツ 19,000円+税/...&DEAR(ヤマトドレス) 白パンツ 14,000円+税/AKTE ポケットに入れたスカーフ 2,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ブーツ 18,900円+税/A de Vivre 真逆の配色のインパクトを強めるべく、デザインは極力そぎ落とす。この2色に「足したいもの」として、見えてくる新しさもある。


SOLID GREEN
「赤並みに映えるグリーン」
「目を引く色というと、赤やイエローなど“明るい暖色”を連想しがちですが、日ごろ落ち着いた色を好む人は“映える寒色”を。グリーン以外だとロイヤルブルーもアリ。」

鮮やかなのに派手じゃない知的なカラーブロッキング
グリーンリブタートルスリットニット 16,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー 総合カスタマーサービス) ネイビータックパンツ 2,900円+税/原宿シカゴ 神宮前店 ベルト 8,000円+税/トリー レザー(メイデン・カンパニー) ローファー 14,900円+税/A de Vivre ソックス/スタイリスト私物 黒に近いネイビーパンツなら、グリーンを引き立てつつ、無難にもおさまらない配色に。


EASY WHITE
「余裕が生まれる疲れない白」
「高貴な色の印象を武器に、ラクできる服を選べるチャンス。きちんと見えるセットアップならなおさら。ゆるめのシルエットとなめらかな質感は、まさにラクをさせてくれる服。」

気だるさがプラスに働く「上下でラクな白」の即効性
アイボリーブラウス 31,000円+税、アイボリーパンツ 29,000円+税/ともにカオス(カオス新宿) 手に持ったコート 9,999円(税込み)/H&M(H&M カスタマーサービス) 眼鏡 25,000円+税/LAVID ショートブーツ 20,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 何でも受け入れてくれるALL白。ブラウンのファーコートやキャメルのブーツなど、白に「効きすぎない」茶系をプラス。


NEUTRAL GRAY
「甘くも辛くも見られたくないときのグレー」
「いい意味で印象が薄いグレー。そのつかみどころのなさは、“テイストにしばられない”よさがあるともとれる。ごくシンプルな上下による、オシャレの小休憩もたまには必要。」


ワントーン=色をしぼるのも、シンプルに見せる手段の1つ
グレーニット 28,000円+税/ENFOLD グレーパンツ 20,455円+税/COS(COS 銀座店) イエロースニーカー 7,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) プレーンなニットとパンツのジェンダーレスな組み合わせは、グレーが持つ「とらわれない」特長とマッチ。ALL黒よりやさしいグレーを軸にすることでカラースニーカーとのコントラストも強くなりすぎない。


MINIMAL RED
「気どらず華があるシンプルな赤」
「凝ったコーディネートよりも、それだけで目にとまって“逆転できる”のがシンプルな赤の強み。ひかえめなデザインどうしなら、重ねることでさらに印象的に。」

「見た目はひかえめ」だから許される赤と黒のコントラスト
ベルトつき赤ウールコート(WEB限定販売) 20,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) 赤ヘンリーネックリブニット 36,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) 黒レースプリーツスカート 27,000円+税/styling/(styling/ 新宿ルミネ1店) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ローファー 6,900円+税/RANDA デコルテで抜け感を。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoriia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando